片野よしえ

子供の枕は「いつから必要?」にお答えします。

2019/9/25配信


 


皆様


かたのよしえです。


 


 


夫はお酒が全く飲めません。
弱いとかではなくて、
一滴も飲めない体質です。


 



なので、
私が晩酌してても、
いつも隣でお茶を飲んでます。


 



そんなお酒の飲めない夫に、


 



日本酒の入ったコップに、
おもいっきり『お茶』を足されました。


 




強制的なお茶割になりました。


 



お茶を入れてくれた優しさなのですが、
なんか、不味い(笑)


 


===============
今日のお話は

子供の枕はいつから必要。

===============


 



いつからかは、
だいたい10歳くらいでしょうか。


 


 



年齢よりも、
理由を覚えてもらい、


 


 



親さんに判断してもらいたいです。


 




赤ちゃんの時は枕は必要ないです。
(頭の形を丸くするための新生児用のはありますが、
あれは産まれて数ヵ月だけです。)




あとは、必要ないです。


 




では、なぜ10歳ごろに
枕が必要になるのか。



それは、
頭の位置が、背中より前に出るから!!


 




これ(お酒にお茶を注いだ)夫の横顔です。

上から緑の線は、頭。
下から緑の線は、背中の位置です。


 


 




その差が矢印の幅です。
この幅を埋めるのが枕の役目なんです。





では、これは6歳息子の横顔です。


 


 




同様に
上から緑の線は、頭。
下から緑の線は、背中の位置です。


 




頭の方が外に出てるのがわかりますか?
髪の毛のボリュームがありますので、
自分のお子さんで確認してくださいね。


 


 



このように頭の方が外にあるうちは、
枕はいりません。


 


 




わかりますか?
難しかったら
メールにて質問してください。


 


 


 



大人の枕の高さもこの矢印の幅を埋めるために使います。


自分の矢印の幅を知って、枕の高さを選んでくださいね。




子供でも頭痛に悩む子がいるんです。
だいたいはやい子供は10歳くらいから。



 



正しい枕を選べることで、
疲れを溜め込まない体になるので、

頭痛とかも起きにくくなりますよ。


 


 


 


学校でお子さんが学んで来ることではないので、


家庭でお母さんが伝えてあげて下さい。


 




お母さんの知識と判断で
お子さんの健康を守ってあげてくださいね。


 


 


<<かたのよしえのご提供サービス>>


肩甲骨からじっくり緩める


コンプリートケア整体50分


 7月満員御礼


 8月満員御礼


 9月満員御礼


 


10月のご案内も、


現在満席の為ストップしています。


 


お急ぎの方はこのメールに返信する形で


お知らせください。 


 


 


 


 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


お読みいただき、ありがとうございます。
ほんの一言、ご感想をこちらにいただけたら嬉しいです


 


◇LINE@◇ https://lin.ee/jnDiQRY 
    もしくは、@ uvg2052uで検索


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 


○片野よしえ プロフィール○


 19歳で3度のぎっくり腰、頭痛、吐くほどの生理痛に悩まされ、頭痛薬を常に持ち歩くような生活を送っていたが、体を骨の位置から改善する方法に出会い、大半の症状から解放される。

 

 自分の体が良くなったメゾットを伝えたいと思い、開業。現在開業6年目。

お客様に寄り添ったカウンセリングが定評となり、80%以上のリピートを誇る院に成長。
 店舗名「アイカタ整体」

 

 お母さん世代を施術する中で、
「お子さんのご相談がとても多い。今の時代は、子供でも運動不足やストレスで調子が悪い 」という現状に直面し、

 

 お母さんに知識をつけてもらう方法をお伝えしたところ、
「背筋が伸びて宿題にかける時間が減った」「集力がついてきた」などの意見が多く、

こどもの集中力を高めるためのオンラインレッスンに移行。

 

 わが子も毎朝寝起きが良く、まえに風邪を引いたのはいつだろうかと思い出せないほど。さらに、集中力を発揮し、習い事のある部門では全国1位の成績も収めました。

 

 もともと、子育てが得意な分野でもなく、「めんどくさがり」「飽き性」なお母さんの私も続けてできています。

 

 「ずぼら母さん」だからこそ、
◎たった1週間で変化する
◎5分から子供自身でできる
◎生活の中で「ながら」で習慣にできる。

ものを考案しました。

 

こどもの集中力を伸ばして、こどもの可能性を広げてあげましょう!!

 

 夫とわんぱく男の子2人と4人家族。

 


◇facebook◇ https://www.facebook.com/yoshie.katano.7/


◇Instagram◇ https://www.instagram.com/yoshie_aikata


◇ブログ◇ http://ameblo.jp/chiro-aikata/


◇note◇  https://note.mu/yoshie_aikata


◇LINE@◇ https://lin.ee/jnDiQRY もしくは、@ uvg2052uで検索


◇E-mail◇ chiro.aikata@gmail.com
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


発行者》片野よしえ


 


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1141554?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200



 


 お問い合わせフォーム





バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック