けいこ(徳光 佳子)

プチ自叙伝を書いています 機能不全家族とは

2019/9/18配信


皆様


けいこ(徳光 佳子)です。



こんにちは。メルマガの間隔が空いてしまいましたが、その間、プチ自叙伝を作ってました。


私の大きなテーマは『親の支配』ですが、その実例として励みになればと思ってます。


完成したらこのメールマガジンでもご紹介しますのでよろしければぜひご覧くださいね。


機能不全家族(夫婦)は子供を苦しめる


私の両親は、母が権威的で支配的、父は日和見的で保身的でした。


私はいつも母の顔色に怯えてビクビク行動するような子でしたね。


母はヒステリックで大声を出すので、怖くて気持ちを押し殺すようになりました。


健全な家庭だと、片一方の親が極端でも、もう片方の親がバランスを取るのですが、それがないのが、『機能不全家族』です。


片親の不健全さをもう片方の親が止められないからどちらかの親が暴走する。これが、典型的な機能不全家族(夫婦)のパターンです。


 


こうなると子供は苦しみます。なぜなら逃げ場がないからです。


 


悲劇なのは、親が機嫌が悪いのが、子供は自分のせいだと思ってしまうことです。


自分が悪い子だと思ってしまうこと。これが、恥や罪悪感の正体です。


 


つらいですよね。。。


 


もしあなたがどうしようもない恥の意識や罪悪感を抱いているなら、、、、それは親のせいです。あなたは親の不機嫌の責任を取って自分が悪いと思い込んでしまいましたが、そんな必要はなかったのです。


 


親の機嫌が悪かったのは親の問題で、あなたの価値とは無関係だったのです。


 


親の機嫌が悪いのは親の勝手
あなたの価値とは無関係だった

  




この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1135446?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200



 




~あなた自身の悦びのために~
ご主人や過去の彼氏に気づかれないまま現在に至ったあなたへ。このまま終わるのは口惜しい。そう思っていませんか?
勇気を出して、ご相談ください。必ずご期待に添えるものと思っています。
お心当たりのあるあなたへ
より美しい調和と開放をお届けします。



 





たくさんの人が恋人や配偶者ともっとステキな関係になれた『愛し愛され上手タイプ』診断
https://resast.jp/page/fast_answer/5672


『愛情という名の支配』~親と戦い自分を取り戻した女性たちの物語~
https://resast.jp/subscribe/115429/144053





 


カウンセリング セラピー



ご予約はこちらから ▶


 


 『お悩み』『ご感想』『お声』をお聞かせください




 お問い合わせフォーム





バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 



Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック