稲葉琢也

【ビズサポートの稲葉です】どんぶり勘定で起きることは?

2019/9/17配信


皆様


中小企業のお金が増えるお手伝い


稲葉琢也です。


13086_img_5842


資金繰りや銀行取引が

不安な方の味方

ビズサポート稲葉のブログ1052

 

 

 


 




事業がうまくいかず

資金繰りに困っている

会社に共通すること

 

 

社長さんを始め、皆さん

忙しく働いている

 

 

人手も足りなくて

やらなければならないことも

後回しになっています

 

 

では、どこに問題が

あるのでしょうか?

 


こうした場合に今までも

何度かお話しをしましたが

 

 

点を特定するために

売上や原価、経費を

分けて見ていきます

 

 

店が複数あれば店別に

どの店が儲からないのか?

 


事業部門が複数あれば

どの部門に問題があるのか?




部門や店は分かれなくとも

どのお客様が儲かってないのか?

 

社長さんや経理に聞いても

よくわかりません

 

データも出ません

 

 

なぜこうなるのでしょうか?

 

 

多く見られるケースでは

既存の事業が順調で

 

 

さらに次の展開として

新しい事業分野や

新しいお店に投資をしています

 

 


確かに事業発展のためには
新たな挑戦は必要です

 


しかしその新たな投資が

軌道に乗るまでに

 


しっかりとデータを

見ながら手を打っていく

ことが必要なのですが

 

 


既存事業が収益があるために

新たな事業のチェックが

おろそかになっているケースが

非常に多く見られます

 

管理は儲からないと考え

おろそかになっていたり

 

どのように管理してよいのか

分からなくてめんどくさいから

ごちゃまぜ

 

 


売り上げを分けていない
経費をごちゃまぜにしてる

 


人員が掛け持ちのため

人件費を分けて考えていない

 

 


したがって全体が

儲からなくなって
原因を探ろうとしても

 


ドンブリ勘定のため

探すことができません

 


現実にそれをやろうとすると
例えば売り上げを

レジで分けて把握する

 


売り上げ現金を別管理し

一緒にしない


経費支出も小口現金を

分けて管理する

 

 

などの最初からルールを作り

毎日コツコツと続ければ

問題ないのですが

 

 

完全にどんぶりで

ごちゃ混ぜにしてしまうと

 

 

業績が悪化したので

原因を探そうとすると

大作業になり

 

 

結局、管理体制を整えて

データを蓄積するまで

 

 

 

正確な現状を把握

することが出来ません

 

 

税理士さんなどの

専門家に依頼しても

簡単にはいきません

 

 

皆さんの会社でも

どんぶり勘定が起きていませんか?




どんぶりとは矢印のお金が入る前掛

 

 

転ばぬ先の杖として

いちど専門家に相談し

点検してみましょう

 

 

今日は以上です

 

 


  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1134823?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200




 



イベント・セミナーのご案内



経営改善支援センター事業を使った事業再生ができるようになりたい方

 12/31 広島県 早期再生コンサルタント養成講座



 


 脱☆どんぶり経営セミナー(入門編)

 【応用編】脱☆どんぶり経営セミナー

 経営改善セミナー

 経営数字のワークショップ【前編】 〜決算書を見なくても答えは見える〜

 経営数字のワークショップ【後編】 〜決算書を見なくても答えは見える〜


 お問い合わせフォーム




 広島キャッシュフロー経営実践会ご参加お申し込みフォーム




 アンケートフォーム





バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック