上野大照

人の悩みが増えてしまう理由はここにある【こころの仕組み205号】

2019/9/13配信



◆ヒトコト こころの仕組み


「人はそもそもエモーショナル」


 


皆様


上野大照です。



 


夜風は急に肌寒さも感じたり


するようになってまいりました。


また、関東では台風15号による


甚大な被害が出ていると、SNSを


通じて伝わってきております。


 


どうか微細な体調不良にも


ご自愛いただきたいと思いますし、


今回被災されている方々にも、


一刻も早く状況が復帰することを


心より願っております。


 


災害に関して言えば、被災地域


などの情報を知った方は、そちらを


直接支援されるのが最良かも


しれませんし、そこまでできずとも


情報を拡散して、より多くの人に


届くようにするなどは可能だと


思いますので、こういった時に


助け合える広域な仲間として


繋がりあえたらと思います。


 


言語を持ってしまった不自由さ


そして今号では、人間という動物が


文化・文明を手に入れたことによる


不自由さについて、少し語らせて


いただきたいと思います。


 


人間の他の動物と圧倒的に違う能力


は、やはり言語能力だと思います。


 


言語能力があるということは、周囲


の人と、他の動物達にはどうしても


達成できないレベルの意思疎通が


可能です。


 


それは単に言葉というだけでなく、


設計図などについても言えます。


 


設計図があるから、建物を建てる


時に、設計と建築を別々の人が


担うことができます。


これらも、やはり広い意味で言語


だと言える筈です。


 


つまり、人間が手にした言語機能


とは、言葉やそれ以外の象徴物を


応用して、他の存在と詳しい


意思疎通を可能にしたところに


あると言っても過言ではありません。


 


人間は、だからこそ文化・文明を


成すことができた地球上唯一の


高度生命体です。


 


その分、地球を司る責任も大きい


とも思いますが、今はその点を


控えておきまして、人間がこれに


よって得てしまった弊害の方を


先にお伝えしたいのです。


 


それは言語的に考える機能が、


育ったことによって、状況を


頭で考えられるようになった


ことです。


 


といっても、これ自体は弊害


どころか、素晴らしい高機能


なのですが、問題はこの機能に


頼りすぎる傾向が強まった


ところにあります。


 


これについて、心理学者の


エーリッヒ・フロムという方は、


“持つ様式”の強まりと共に、


“在る様式”を失っていって


しまっているということを


指摘していたそうです。


 


持つとは、土地やお金、建物


や道具などを当初は指して


いたのだと思います。


言語能力は、この持つ様式を


極端に強めることに成功して


しまったようです。


 


そして、持つ様式で考えるべき


ではない事項ですら、この様式


で捉えてしまうということが、


起こり始めました。


 


重要なのはエモーショナル(感情的)


 


それは自分についての認識と


家族・恋愛を含む人間関係です。


 


こちらは本来、感性と感情を


優位にして感じるべき存在であり、


言語的な理解ばかりに頼って


しまうと、持っている量に


よって幸せを図るということに


なってしまいかねません。


 


結婚したから幸せ、家が手に入った


から幸せ、お金が増えたから幸せ、


などなど、多くなると良いこと


ばかりという思考パターンに


入ってしまいます。


 


実際には、そういった部分が


幸福を支える条件にはなりますから、


軽視できるものでもありませんが、


人の満ち足りた体験を支える


最大の要素は、やはり感覚・感性・


体感・感情と言ったものの方に


あるのだと思います。


 


人間関係を結ぶ本来の糸は、


こういった感性を互いが感じ


合えるかどうかに重きがおかれ


ます。


 


どんなに素敵な彼・彼女を


手に入れたとしても、感性が


まるで違いすぎると、話が


まるで噛み合わず、所有する


ことで幸せになれると信じて


いた信念など、あっという間


に壊れてしまうはずです。


親子友達であっても、これは


特に変わりません。


 


自分や家族、恋愛などついて


考えるときに必要なのは、


ロジカル(論理的)な思考に


偏ったものにならず、


エモーショナル(感情的)な


体験とそれを言語化しあう


ところにあるのでしょう。


 


しかし、多くの現代人は、


これが本当にうまくいきません。


 


過度な男性性を発揮してしまう


人の場合は、そもそも感情的な


感覚を感じにくいでしょうから、


エモーショナルに感じられませんし、


過度な女性性を発揮する場合には、


感情が暴発して、自分が思って


いることが正確ではない歪曲情報


になってしまいます。


 


適度にエモーショナルな体験を


自分で感じ、それを伝えていく


という、本来の人間関係を形成


することが難しいのです。


 


その意味で、この文章をお読み


いただいてる方は、是非とも、


自分が体験している現状について、


自分はどんな感情・感覚で


感じているのかを積極的に味わ


うことで、人間が本来持つ


深い愛とパフォーマンスを


引き出していただきたいと


願っております。


 


これについては、また詳しく


別の機会に書かせていただこうと


思います。


 


いつもご愛読ありがとうございます。


 


 


追記


こちらはエモーショナルな感覚を研ぎ澄ます為に、私が用意した講座。


ロジカルにではなく、感覚的に自分を知っていただきたいと思い、講座設計したものです。


どうぞ一度ご覧下さい。


 


自分本来の力の発揮に興味のある方・悩みから解放されたい方・安心して心が豊かな日々を送りたい方へ

こちらは土曜コース


 9/28心を学ぶ講座 心理編~自己の旅~第14期


こちらは平日コース(残席3名)


 10/8心を学ぶ講座 心理編~自己の旅~第15期


 


 


 


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1131207?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200



 


 



イベント・セミナーのご案内



自分本来の力の発揮に興味のある方・悩みから解放されたい方・安心して心が豊かな日々を送りたい方

 9/28心を学ぶ講座 心理編~自己の旅~第14期


自分本来の力の発揮に興味のある方・悩みから解放されたい方・安心して心が豊かな日々を送りたい方

 10/8心を学ぶ講座 心理編~自己の旅~第15期


愛に満たされた日々を手に入れたい方

 11/13 大阪府 心を学ぶ講座特別編 愛の旅 2Days Special workshop



 


 


商品一覧 ショップを見る ▶


 


 上野大照 心を学ぶ入門講座

 男女の対話~人間関係の処方箋~

 セラピーライブ『上野大SHOW』


 お問い合わせフォーム





バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック