浦安サロン
34_親子

vol.1359★食べても太らないためには★

2019/9/ 7配信
image



皆様 こんにちは。



女性の見た目が変われば世界が変わる!!

というポリシーでサロンやってる

りこ先生こと 吉田里子です。



image



いま、宮崎に来てます。

無事に飛んで良かったわー。

↑オオカミのワンダフルと、柴犬のサンデー。



image



何せ、条件付きフライトでしたからね。

台風が寄ってきてたら帰りますから、と

アナウンス流れた時は

明日セミナーなのに、陸路で行ったら、、



なんて乗り換え案内見て

あきらめたよね。。。陸路で九州は遠すぎる。



image



昨夜は、この『へべすポン酢』でカツオと

しゃぶしゃぶをいただきまして



カボスみたいな感じなんだけど

それより酸味が少なくて、なんていうか

オレンジみたいな、でも深みがある感じ。



image



あと、桃のカルパッチョ!

めちゃくちゃ 美味しかったです。



で、本題は、

セミナーでカラダの取説を話すんですが

今回は、うんこセミナーと

アトピー、アレルギーセミナーを

ミックスして短くしたバージョンなんです。



いつも言ってるけど

みんな同じ臓器を持ってるけど

カラダの取説はバラバラなんだよね。

だから、同じ方法では健康にならなかったり

美容に良いとは限らない。



前に化粧品の話で言ったけど

肌質によって、クレンジングオイルが良いのか

クレンジングクリームが良いのか、ミルクが

良いのか違ってくるし



食べ物も、睡眠の状況で吉と出るか

凶と出るか、凶と出た時にどうするかも

腸内環境がどうなってるかで

対処の仕方も変わります。



太るのか、アレルギーで出るのか

ためてガンに変換されるのか

身体から追い出せるのか

方法はみんな違う訳です。

体温が高いか低いかでも違うしね。



だから、身体のまず基本を知れば

自分なりの取説がわかる訳ですが、

肌を知れば、やみくもに

あれがいい、これがいいとならないのと同じで

身体も食べちゃったらどうするか

量なのか、変なものなのか

たまになのか、いつもなのかで

素直な身体なのか、わかりにくい身体なのか

出やすいのか、出にくいのか

自分の気持ちは自分しかわからないのと同じで

身体のことも働きだけでなく、臓器そのものを

よく学ぶ必要があると思います。



絆創膏の湿潤療法とかもあるけど

深い傷はその方が良いこともあるし

そのくらいなら乾燥させてた方がいいとか

血小板の働きを知ればわかる訳ですよね。



なんかセミナーとかするたびに思うんだけど

なんか自分を知るきっかけになってもらえるといいな。



では、またね。

image



寝起きまんまのパジャマ、すっぴんですが( ;∀;)

可愛かったー。





▼この記事をシェア・コメントする▼








イベントのお申し込みはこちら

9/7

【宮崎県】【残席1】食の安全講座と簡単健康レシピ調理教室&試食ランチ会♪ ⇒ 






10/6

【大阪府】【大阪10月】セルフでそぎおとし ⇒ 






10/27

【浦安10月】セルフでそぎおとし ⇒ 










▼ 商品一覧 ショップを見る ▼

https://www.reservestock.jp/stores/index/77/





▼ ご予約はこちらから ▼

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form/94/










▼配信停止をご希望の方はお手数ではございますが下記のリンクをクリックしてください▼








image



▼アプリのインストールはこちら▼










Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック