高橋 眞理子
Okada01

【プリズム通信】 絵もかく 字もかく 恥もかく

2019/8/22配信


17338_リザストタイトル 新規


皆様


高橋 眞理子です。


15937_プロフ7


 


前回のメルマガにもご紹介しましたが、
このたびHIT の出版事業の企画として
キャラクトロジーマスターさんたちによる
電子書籍出版、第一弾

いよいよ9月2日にリリースです\(^o^)/

私も「七彩 眞理子(ななせ まりこ)のペンネームで
処女出版に、漕ぎつけました~


 


絵もかく 字もかく 恥もかく


 


 


ハートインタッチのFBページをご覧になった方は、もうご存知ですね。
いよいよ9月2日。
Amazonキンドル限定の電子書籍
「人生オセロ~ひとは変わるために出会う」が出版されます。

この本の内容は、
私が今、こうして心を学ぶに至った経緯
なかでも、白馬の王子様が迎えに来てくれた!と思ったほどの、出会いから、
あれよあれよと、その鞍から転げ落ちるに至るまでのドラマと、

小さな私 「ちびまりこ」が
周りから与えられる愛にも気づかず
必死に「あたちが、じぶんでがんばらないと!」と
分離された自己として奮闘しているつもりの世界。

こわいと思う自分を、強がりでごまかしながら
人の中に在って、孤独を感じている
誤認の上に誤認を重ねて、
森の奥に迷い込んだような、思い込みのドラマを描きました。

まさか、ちびまりこの誤認が
その出会いと別れまで引き寄せていたとは。



そして
キャラクトロジー心理学を学んで
誤認の森でぐるぐる歩き回っていた私に
ハイヤーセルフの光が差し込み、
視界が開けていく様を、書きました。

ページをめくるごとに
私がわたしの思い込みを
一枚一枚手放す様に出会うことでしょう。


文中に添えた挿絵というか、
その出来事と同時期に描いていた私の作品は
時には、私の心を先導するように
自分の心の「澄んだ部分」をかたちにしていた、と
こうして振り返ったときに思えたものですから、
自叙伝でもあり、画文集(というほど作品はないけど)。

自分の誤認のありかを書く作業には、
カッコつけたい私としては
真逆の「恥ずかしさ」も感じていました。

ですが、
それがあって、今の私。

そこに、いいも悪いもなく。

絵を作る時も、
下地におかれた色が、
のちの世界を鮮やかに見せるように、
私はこの真逆の迷いの中から
「いまのこの色を選び、乗せている」ことを自覚しながら
自分の人生全てで「わたし」と
思いたいのです。


ひょっとすると、この本は、
わかりあえない、語り合うことのできないひと、
例えば亡き人、遠く離れてもう会わない人へのわだかまりを
自分に優しい形で、
そっとたたんで手放そうとするときの
参考になるかもしれません。


ぜひ、9月2日、キンドルのアプリの向こうでお会いしましょう。

 


 


 


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1111241?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200




 


 


 お問い合わせフォーム





バックナンバーを読む ▶


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Okada01
Copyright (c) 2010-2019 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 08
Powered by リザーブストック