浦安サロン
34_親子

vol.1342★胃壁がバージンピンク★

2019/8/17配信
image

皆様 こんにちは。



りこ先生こと 吉田里子です。



3週間の 禁酒と禁カフェインを経て

(本当に外では飲まなかったのですが

実は数回 自宅でルール違反しましたがww)



初胃カメラをやってきました。

身体の取り扱い説明書に上書き保存するために

(ちょうど、後期の授業、解剖学は消化器からだったし)



やったことない検査をいろいろ受けてみようと

決めた6月からの経緯はお話してきましたけど



でっちあげ、じゃないですが

病名がないと保険適用されないので

最初、町医者では腹水の疑い、から始まり

→全くなかったのですが

東京ベイ医療センターでは、膵炎の疑い

ということで→結論、全くなかったんですが



超音波検査から、初MRIから

ちゃんと病気の方を優先させて

順番を守り、時には予約時間から2時間以上も待たされ

人間ドック並みにいろいろ調べてもらいました。



胃カメラと中の細胞の生検をやるのが

ハイライトでしたが、痛みに強い私でも

2度とやりたくないと思いました_φ( ̄ー ̄ )



胃カメラ、皆さん経験ありますかね?

わかる方はわかると思いますが

説明されたのは



①痛みに強ければ、麻酔なしで口から

②心配なら鼻腔の一部麻酔で鼻から

(ゼリーかスプレーで鼻奥の痛み緩和)

③超心配なら全身麻酔で口から

ただし覚醒に1時間かかると





①にしようとしたんですが

おえってなると辛いし、嚥下(飲み込む力)が

強い方はキツイかも、と聞いて



②の方が、医者と話しながらすすめられるし

質問もできるし、画像も見れると言われ



②にしたんですが

③にすれば良かった。



②で、しゃべれるとか言われても

金属の管が喉に入ってるから

ろくにしゃべれませんでした。痛くて

涙と鼻水でぐしゃぐしゃなのに

絶対飲み込まず 垂れ流しにしろと言われましたし。

顔がそれで、ぐしゃぐしゃでした。





そぎおとしを、スタッフ総出で

4人がかりで全力で私にやってくれるとか

そんな方が100倍マシでしたし

むしろ、陣痛より 辛かったし

陣痛が3人分くらいまとめてくる方がマシです。

(そんな経験ないけど)



だから、まだ産んだことなくて

胃カメラ平気だった人は、きっと出産大丈夫!



もし私がもう1回産むとしても

麻酔したいと思わないけど(無痛分娩)

胃カメラは全身麻酔をお願いしたいです。



まず、鼻腔を広げるスプレーを

いきなりされるんですが

吐くかと思うくらいの刺激物で

むせ返りました。

ファブリーズとトイレの芳香剤を

喉でぶちまけられた感の衝撃でした。



そのあと、注射器にゼリーが入っていて

それを入れますねー、どっちの鼻がいいとか

通りが良いとか悪いとかありますか?

と、聞かれましたが、え?あの量入れるの?

まじかー、と思いながら、特に希望はありません



、、と答えると、じゃあ右からいって

ダメなら左にしましょう、と言うので

嘘でしょ?両方いれるとかあり?

と、ビビりながら、入れられてしまい

これまた違和感がひどい。



くぅぅー、こんなとこで負ける訳には!

と、踏ん張っていると

金属のストローみたいな15cmくらいの管を



『じゃ、いれてみますね!』



と、笑顔で看護師さんが、鼻に金属をぶっ込みまして。



『問題なく、いけましたねー』



と、言うのですが、いやいや問題だらけですわ。

そのまま違和感がなくなっていきますから

少しお待ちくださいねー、って。





、、、全然 違和感あるわ。

痛くはないけど

金属の棒みたいなのが、片方の鼻に刺さってる訳で。

違和感、大ありですよ。



では、次になりますから

こちらへどうぞー、って

普通に歩けと案内されますが

これ、どう見ても、おかしいし。

家畜の豚さんか、牛さん状態だし。





しょうがないから移動して

ベッドに横向きにされ

じゃあ、入れていきますねー

ツバとか飲みこむと咳こんじゃって

喉痛めますから、全部出しっぱなしに

してくださいねー、と、よだれかけの

横向きバージョンで、刺された瞬間

痛みと違和感で涙と鼻水がやばい状態でした。



あー、狭いとこは通過しましたから

あとは大丈夫ですよー、って

全然 大丈夫じゃないし。



、、で、おえおえ

げぇげぇ 気絶しそうになりながら

頑張れ、私、負けるんじゃねぇ(何に?)



と画像見たら



超キレイなベージュピンクの世界。



お医者さんも、キレイな胃の中ですねぇー

と、あちこち褒めてくれており



おっぱいも舐められず吸われなければ

こんな色だったっけなぁとか



ヒダヒダの内側とかも

なんも出し入れしてないと

こんな色なんだろうなぁと



さすがの私らしい思考に

よし、私の頭はまだ生きてる!!



と、訳わからない納得をしながら

超キレイな胃壁のあちこちを気絶しそうに

なりながらも見ておりました。



十二指腸の辺りも

同じくキレイで、ふわふわのつるつるの

ベージュピンクの世界を見ながら

お花畑でぴょんぴょをしている風景が

走馬灯のように、、、



うげぇおげぇ、とよだれと痛みによる涙と

鼻水ぐちゃぐちゃで考えていましたが



最後、戻る時に

食道壁に黒く見える部分があり



いきなり、ご家族に食道ガンだった方、います?



なんて聞かれたから

ぐぇ、ごほ、言いながら正気に戻り



いえ、ガンはいません。

と答えたんですが、うわ!本当にしゃべれる

と、その時に思った訳です。



ま、なんともないと思いますが

とりあえず全部調べるってことなんで

細胞、切り取って生検出しますねー、



と、言われながら

まじで、ハサミみたいなので

喉の奥をパチパチ切るのが見えて



ぐ、グロいっていうか

エグい画像だなと思いました。しかも

切り取った分量が少なかったとかで

もう1回違うところを切り取られて

マジかよ!って思いましたしね。



たぶん、子宮頸がんの

コルポスコピー(細胞診察)も

同じ感じなんでしょうが。



拡大してますから

すごく出血してるように見えますが

実際は、爪でひっかいたくらいの

傷ですからねぇー、と説明受けましたが

刃物で喉を切る画像は

たぶん普通の人は見てられるのでしょうか??





ま、それにしても

耐えただけありまして

食道、胃、十二指腸まで

しっかり観察してきました。



ま、そんなこんなで

結果も聞いてきましたが

ピロリ菌を始めとした

菌やウイルスも、全く不在でして



(看護師の実母にも、井戸水飲んでたら

大体 ピロリくらいいるわよ、と脅されていたのですが)



胃も小腸も何も問題なく

その例の食道の生検は1週間以上 結果にかかるからと

また来週行ってきます。



アルコールも

炭酸もカフェインも、もう全く問題ないと言われ

(既に、7月に 肝臓、膵臓、腎臓の数値、形に

1つも異常もなく、血液検査も理想の数値でしたし)

とりあえず43歳のうちに、やっておきたいことの

消化器系検査は、ひととおりやりました。

やりきった感が半端なかったです。



そこまで禁酒しなくても良かったみたいですが

あちこちの細胞診なんかは

やっぱり、カフェインやアルコールが

まったく体内にない状態の方がキレイに出ることは

間違いない訳でして



実際、7月に胃痛みたいなものを感じたので

→ストレス性だったようです

胃潰瘍でも、できたかな?が、スタートだったんですが

胃潰瘍でも全くなかったらしく

完全なる気持ちの問題だったようで、、、





ま、胃カメラはやりたくありませんが

40年以上 私に付き合ってくれている

臓器の様子を見たかったので

良い経験でしたー。。。



では、またねんっ。







▼この記事をシェア・コメントする▼








イベントのお申し込みはこちら

9/7

【宮崎県】【残席2】食の安全講座と簡単健康レシピ調理教室&試食ランチ会♪ ⇒ 






10/6

【大阪府】【大阪10月】セルフでそぎおとし ⇒ 






10/27

【浦安10月】セルフでそぎおとし ⇒ 








▼配信停止をご希望の方はお手数ではございますが下記のリンクをクリックしてください▼








image

▼アプリのインストールはこちら▼










Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック