KAORI⁂ 華ある祈りと幸せ£

罪悪感と責任感が必要ない理由 Golden Drop からのお便り『にゃんこのおなか』=^._.^=

2019/8/13配信


14526_リザストヘッダー20180825


皆様


高畑香織です。


13360_アバター20190105


 


 


罪悪感と責任感が必要ない理由


ついに真夏がやってきましたね。


私は真夏に生まれたので


この熱く湿った弾力のある空気と
空間を重く制するようなセミの声
はるか青く遠くにある空


を感じるとそのまま
生まれたばかりの感覚に
自動的に戻っているようです。


これがまさに
スキゾイドの傷なんだと思います。


どうしようもない
無力と絶望とやるきのなさ


潮がひたひたと
満ちてくるような


孤独感と寂しさ
見捨てられた感じ


今でこそ


それらの感情は
肉体にあり
筋肉や細胞にあって


自分が自分と認識している
顕在意識だけを変えようとしても
なんともならない部分で


同じ身体的な環境を感じるだけで
無条件に孤独で無力な場所に
引き戻される部分だと理解していますが


それがわからなかった頃には
この絶望感をどうしたらいいのか
なぜなのかわかりませんでした。


そのころの私は
自分が大嫌いだったし
常に罪悪感と
責任感に
追い立てられていました。


そのころの私は


「自分が嫌いか好きかなど
そもそも問題にならない事」であり


「罪悪感とともに反省」したり
「反省という名の自己否定」で
自分を律し、
できないことなどあってはならず


「責任感をもって義務を果たすこと」は
当然の大人がやるべきことで
やれない奴は全員会社辞めろ、
ぐらいの感覚でした。


今こうやって書いてみると
本当に迷惑な人だったなと思います。


よくこの状態で故障せずに
生きてこれたな、と思います。


実際にはあちこち
故障していたのですが
リジットのディフェンスをしていると
故障だと思ってないのです。


責任感と罪悪感は
社会で責務を果たしていくには
必須の良い概念だと思っていました。


何がいけないのか
全く分からなかったのです。



でも


今私は全く逆の概念を生きています。


自分が当たり前を思っていた概念は
どうやら全部違っていて


OKと思っていたものが
180度ひっくり返った。


ずっと執着していた
「幸せ」や「良い人」
「あるべき姿」の
概念は全て崩壊し
天地がひっくり返ったのです。



感覚的には分かった。


でも


なぜ「責任感と罪悪感が必要ないのか」の
「理由」は自分に
説明できませんでした。


その理由をずっと探していました。


 


やっとみつけたその理由は


「自分の魂を輝かせて生きない理由を
他者のせいにするから」


でした。


罪悪感と責任感は
全て自分の内側に向かっている
かのようなふりをするけれど


自分の内側を見なくて済むように
全て外に向かっている。


これをやってると
本来の自分を生きなくてもよい
都合のいい理由になるのです。



このように目くらましを
自分にかけていると


全ての概念に自分フィルタがかかり
自分が培ってきた価値観に
合わないものは全てダメ、
ということになります。


自分が正しいと思い込んでいる
事しか目に入らないのです。


概念の基準が
「自分の都合が悪いことに
向き合わないでよいようにする」
ためのものだから


そこにつじつまを合わせるために
非常に周到で手の込んだ
一見したところ
「どう間違ってるのかわからない」
ぐらい完璧に理論武装されているのです。


実際問題として
ある一点から「だけ」みたら
それが正しく思えるのですが


もっと多くの視点を持ったとき
そうは言えない、ということに
気付けない。


素晴らしくて良いものの中に
ちょっとだけ毒をまぜて
実に巧妙に自分を信じ込ませるのです。


これがローワーセルフの
得意な部分なのです。


ローワーセルフは自分自身だから
自分自身がどうしたら
一番納得できるか知っているので
実にうまいのですよね。



そのからくりに
あっと気づいてしまって


だったら
今まで正しいと思っていた
ほぼすべての概念が
違っていたのでは?


という衝撃的な事実に
行き当たりました。


いままで地球は
平らだと思っていたけど


ある日突然丸いことに
気づいてしまった感じがしました。



そしたら
罪悪感と責任感という
自分を縛り続けていた
重い荷物はなくなってしまいます。


すると次にくるのは
「もはやそれを理由にして
動けないとは言っていられない」
という現実です。


どこに行くにも自由で
何をする自由もある。


未来は完全に自分の行動次第。


やれない理由も
やらない理由もなくなってしまって


今ある現実はすべて
自分が望んだものである
という事実を深く受容するしか
なくなってしまいます。



そうなったとき


何を選ぶのか?


皆様はどんな現実を作っていきますか?



まだわからない、
進めないのは傷のせい
自分を苦しめただれかのせい
ふがいない自分のせい


そう思っているのであれば
セッションやヒーリングが
手助けになります。


 


自分の現実を構成する


家族として暮らす人間や動物たちは


皆様の作った現実の中を


相互に影響しあって生きています。


 


ということは・・・


自分の癒しが家族やペットの癒しに


つながることは間違いありません。


 


お盆でご家族とお過ごしの方々は


沢山の問題が出てきていると思います。


そこをギフトに変えていきましょう。


 


☆セッションのご予約は以下のページからどうぞ☆
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/13360



 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1103797?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200



☆彡 ヒーリング・SASセッションのお申込みはこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/13360

☆彡 アニマルヒーリングのお申込みはこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/13360


☆彡 お問い合わせはこのメールに直接ご返信くださいね。


 


 





 お問い合わせフォーム







 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック