Shion(シオン)

「魂と繋がる歌の唄い方®」とは?

2019/8/ 8配信


 


皆様


Shion(シオン)です。



 


毎日暑い日が続いていますが、


夏土用があけ今日8月8日は「立秋」


 


昨日ふと見上げた空の


太陽から感じる光や雲や空の高さ(?)の様子や吹く風が


なんだか秋っぽいなぁと感じていましたが


暦でも秋へと移り変わる時でしたね。


 


土用に入ると、なんとなくざわついて、体調を崩しやすくなりがちです。


また抑圧してきた感情や、思いこみなども浮上しやすくなります。


 


それが明けるということは


浮上してきた感情や思い込みなどからの氣づきが生まれ始めるということ。


 


今日から少しずつ解決や解放、そして統合への糸口がつかめるような、そんな感じでしょうか。


 


まして今日はライオンズゲートの開く日。


 


あなたがあなたらしく生きるための後押しのエネルギーが


いつも以上にパワフルに降りそそいでいます。


 


このチャンスを活かして


宇宙からのギフトを思う存分受けとっちゃいましょう!


 


身体の浄化も含め、エネルギーをクリアにしたうえで受けとると、


たーーーくさん受けとることができるので


物理的にもゆったりとした状態でお風呂に浸かったり、


心地のいい音楽を聴きながら瞑想したり、


美味しいハーブティーを飲みながらぼーっとしたり(笑)


とにかく


心地いい時間を過ごすのがおススメです。


 


 


それにしても…


 


身体や心の様子を注意深く観ていると


見事に季節の流れや天体の動きとリンクしていて


とても興味深いです。


 


 


迷信とか昔から言い伝えられていることを


まぁまぁ軽く見ていたわたしですが、


いやいや、


先人たちの知恵であり、自然の叡智にのっとっているんだなぁと


今は感じます。


 


暮らしやすさや便利さを追求して得た現代の暮らし方から


あえていま「古い」とされている暮らし方へと移行する人たちが増えているのも


納得がいきます。


 


自分自身の身体を大切にするのと同じように


「地球とともに在る暮らし」を大切にしたいなぁと感じます。


 


 


さてさて、


前置きが長くなりましたが、


今日は


魂と繋がる歌の唄い方®ワークショップについて


お話ししたいと思います。



 


 


 


魂と繋がる、とは?


魂と繋がる歌の唄い方®ワークショップの基本は


魂と繋がる、ことです。


 


ここで言う魂とはわたしたちの「本質」です。


わたしはよく「本当の自分」「本来のあなた」という表現もします。


 


「本質」とは大きく分けると ふたつあります。


 


ひとつは


この世のすべては同じ周波数で成り立っている、というものです。


 


わたしもあなたも、今座っているこの椅子も、何もかもがひとつなるもの。


それがわたしたちの「本質」です。


 


もうひとつは


あなたをあなたたらしめる、あなたらしさをあらわすところの


そのエッセンス、です。


 


あなたの天才性、と言い換えてもいい。


 


あなたならではの質、です。


 


あなたが表面で見ている「あなた」の奥に在る


あなたが持って生まれてきた 輝くうつくしい光です。


 


・・・・・


 


こうして書いているだけでも


わたしはこのメルマガを読んでくださっている方々の


エッセンスに触れて


うれしくなります。


 


ハートがきゅんきゅんして


こうして繋がっていられることに歓びが溢れてきます。


 


(いやいやきもちわるいけど…笑 っていう人いたら、なんかごめんなさいね。


 でも、うれしくなっちゃったんだもん…


 エッセンスに触れるということは、こういうことなんだよなぁ~)


 


・・・・・


 


で、ですね


魂うたで扱うのは


どちらかというと後者の方の「本質」です。


 


「ひとつなるもの」は基本としてありながら


そのひとならでは魅力や天才性と繋がっては


それを表現していきます。


 


 


 


そして


この目に見えない「魂(本質)と繋がる」感覚を得ることができるのが


「魂うた®」の創始者である本郷綜海さんから伝授され、


わたしもお伝えしている「グラウンディング」になります。


 


 


「グラウンディング」なくしては「魂うた」は語れないほどです。


 


 


ご自身の「本質」を感じると同時に、


その場で共に過ごす人の「本質」もめちゃくちゃ感じます!


 


それは歌で表現される音でもあるし、


ただ立っているだけでも見えてきてしまう


その人ならではの魅力、です。


 


 


----------------------


 


 


 


グラウンディングがわからなくても大丈夫です!


それをお伝えするのがこのワークショップです。


 


 


グラウンディングの方法や


グラウンディングした状態を作りやすくするための


カンタンなエクササイズやマッサージの方法もお伝えしています。


 


また


普段の立ち方から見えてくることも、素晴らしい氣づきとなります。


 


立っているときの「立ち方」を


身体の使い方としての「正しい位置」に整えることで


普段の自分がいかに「本来の位置」からずれていたのかも 知ることができます。


 


これは、本当に目からウロコですよ。


 


 


 


チャクラトーニングというものがあるのですが、


その時にも時間をたっぷりとります。


 


チャクラ、という概念を知らないで参加される方もたくさんいらっしゃいますが


それも大丈夫です!


 


チャクラとはなにか?やそのチャクラについての説明もしますし


あなた自身のチャクラの状態も感じながらワークを進めていきます。


 


 


 


あとは


わたしがファシリテートさせていただく中で


とても大切にしていることが


繊細さ、です。


 


 


わたしは体のつくりから、とてもおおらかに見られることが多いです。


そして


自分の内側に繊細さを持ち合わせていることも同時に知っています。


 


 


いまでこそ そうですが、


以前のわたしには


自分自身の繊細さをゆるしていなかった時期がありました。


 


ゆるしていなかったどころか、


「繊細な自分などいない」と思い込んでいたのです。


 


些細なことで泣きそうになっている自分や


刺激が強すぎてびっくりしてドギマギしている自分を


垣間見ることがあっても


即座に「大丈夫!わたしは平気!」と


自分に言い聞かせていました。


 


だから、強いふりをしていたのです。


いや「強がり」ですね。


 


「平気なふり」は「強さ」とは全く違いますね。


 


わたしはどんなことにも「平気」な子でいたかったのです。


もっと簡単に言えば「泣かない」ということだった氣がします。


 


 


親や友人に「おまえはノー天気だ」「楽観的」「おめでたい性格」と言われることが多くて、そうなんだ…と思っていたし、逆にそうあろうともしていました。


 


実際に「ノー天気」であり、「楽観的」で、「おめでたい性格」でもあります。


そんな自分がいることも否定はしません(笑)


 


 


そして同時に


思いのほか「泣き虫」でもあって「氣にしい」な部分もあって、


人一倍 いろんなことを感じてもいました。


 


でもわたし自身はその「感じやすさ」や「繊細さ」を


よし、とはしていなかったのです。


 


繊細であることは、弱いこと、とも思っていましたし


いつでもわたしは強くありたいと望んでいたのです。


 


そんなこんなで「なかった」ことにしていた


「繊細さ」ですが


いま、じゃんじゃん感じています。


 


自分の繊細さにいまだに自分でも


驚くほどです。


 


それほどまでに


わたしのなかで「繊細さ」は居場所がないまま生きてきたんだなぁ~と感じているのです。


 


 


(同時に大胆さも発揮されていますし、本来のパワーにも繋がっているのも感じています…!)


 


 


だからこそ


繊細なわたしの ちいさなちいさな声や 微細な振動にも


氣づいていよう、と。


 


ともすれば ついつい見落としてしまいがちな、


小さな声と 一緒にいよう。


「そこにいていいよ」と スペースを空けておこう、と。


 


そんな安心感の中で


わたし自身も生きたいし、


わたしと関わる人には


安心して自分のスペースを大切にしてほしいと思っています。


 


もちろんワークショップやセッションに限らず、


日常からそこに心を配っていますが、


時にうっかりすることもあります。


 


だからこそ、


特に


対人援助をさせていただく立場としては


そこを一番大切にしています。


 


 


そして


その極である「大胆さ」「パワー」もあっていい!


発揮していい!


 


 


 


どちらか一方だけが存在することなんてなくて


わたしたちはいつだってその両極の中にいます。


 


陰があれば陽があり


光があれば闇がある


男がいて女がいる


 


 


それがわたしたちであり


この世界です。


 


 


ーーーーーーーーーーーーーーーー


 


さて


グラウンディングを深まったところで


いよいよ


歌っていきます。


 


アカペラなので、音源を用意する必要はありません。


歌詞はできるだけ覚えてきてほしいけど、


歌詞を用意して持ってきてもらうので、


完璧に覚えてなくても何とかなります。


 


歌うなかで


それぞれがそれぞれに


様々なプロセスを体験します。


 


ひとりでは抵抗が起きるようなこと、できないと思っていたことも


歌とその場に訪れる後押しの力によって


不思議とクリアになって行ったりもします。


 


内なるガイダンスもバンバン訪れます。


 


これ以上は


もう本当に何が起きるかは謎です。


 


どの体験も


その人ならではの素晴らしいギフトです。


 


でね、とても楽しいのですよ、実は。


 


だって、抑圧していたものが削ぎ落されていくのです。


爽快ですよ~!


 


自分の魅力が溢れちゃうのです。


キモチいいですよ~!


 


 


 


「今でも最後の曲を歌ったあとの解放感を思いだして、恋しくなります(20代女性)」


と感想を送ってくれた方もいます。


 


 


 


もやもやだって


そのまま歌って


いいのです!


…スッキリします。


 


 


そして


モヤモヤ出しおえた後の歌もまた いいものです。。。


 


 


以上が


魂うた®ワークショップについて、でした。


 


 


そんなあれこれを味わいにいらしてくださったら


わたしもとてもうれしいです。


お申込は下記リンクから。


 


皆様のご参加をお待ちしております。



 


今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。


 


さて、これからの時間もまた


皆様にとって


最高にうつくしい時間でありますように。


 


愛をこめて


 


Shion


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1099305?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200




 



イベントのご案内



魂と繋がった自分の本当の声を知りたい、より深く自分や人と繋がりたい、自分に対する理解を深めたい、本質を生きたい、魂と繋がったところから自分を表現したい

 8/11【東京】魂と繋がる歌の唄い方®ワークショップ


歌うことで自分の奥深くと繋がる。そしてそこから表現する。自分の本当の声を知りたい。気もちよく歌いたい。

 8/12 愛知県 【名古屋】 魂と繋がる歌の唄い方®ワークショップ



 



 無料個人セッション(60分)


 お問い合わせフォーム







 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック