須田 直子

子どもを最強の体にする秘訣

2019/8/ 2配信


皆様


 


こんばんは!


須田直子です。


 



 


 


先日、アルバム整理をしていたんですが


小4娘が赤ちゃんの頃の写真が可愛すぎて


他の事が全く進まないという事態に(笑)


 




うん、可愛い♡


ってただの親バカ(笑)


 


 


今では...


同じバスローブでも




ちょっと前の写真ですが、


なんかもう、


サイズ感が可愛くない(笑)


 


 


いっぱしの女子高生くらいに見える!


 


 


 


あー、可愛かったなー。


 


 


 


それでね、


小さい頃の写真を観ながら


想い出していたのは


 


生後9か月で職場復帰した当時のこと。


 


 


 


0歳でナーサリールームに預けて


仕事に復帰したのですが、


 


 


噂には聞いていたけれど


初めての集団生活で


いろんな菌をもらってきては


 


 


会議がある日に限って


熱を出したり…


 


休めない日に


ゴホゴホいっていたり…


 


 


そして、休日(当時は平日休みでした)は


予防接種か、


診察してもらうか


どちらにしても


毎週のように病院に通っていました。


 


皆様も


そんな経験ありませんか?


 


 


 


そんなことをね、


この週末、ある学びで帰りが一緒になった


食べトレグランドマスターインストラクターの


中根遙子さんに話したら


 


「須田さん、知ってますか?


離乳食で


子どもが病気をもらいにくい体作り!


ができるんですよ!」


 


って言われちゃいましたよ。


 


 


何それ!!


10年前に知りたかったー!!


 


 


 


同じ部屋で過ごしていても


風邪をもらって


すぐに小児科に行く子と


めったに病気しない子っていますよね。


 


 


この差のカギは「免疫力」なんだそう。


そして、このチカラは


食事が大きく関係しているのだそうです。


 


 


保育園から急な呼び出し来たりするかな…


同僚に迷惑かけたくないな…


   


 


その心配を解消するヒントとなる


小冊子を中根さんがプレゼントしてくれます。


 


 


子どもが最強になる離乳食
\99%のお母さんが知らない/
ココがもったいない!離乳食3つのポイント



▼ご登録はこちら▼


https://peraichi.com/landing_pages/view/tabetorebabyfood?sdn


 


中根さんのお子さんは、

保育園に通い始めて最初の2ヶ月、


保育園に半分も通えなかったそう。


 


熱、風邪、下痢、ついには入院。


 


その後も、
熱をよく出す、
鼻水を出している、
ガサガサ肌・・


 


「保育園児だし、仕方ないよね。」


これが普通だと思っていたんだそうです。


 


 


そんな中根さんのお子さんたち、
 


食べ物の


「選びかた」と「食べかた」
 


この2つを変えただけで、


なんと!


たった2週間で、


カラダがガラリ!!と変わったそう。


 


 


食べトレに出会って3年、


なんと、治療目的での

通院は一度もないそうですよ!!


 


 


つまり、

「保育園児だから仕方ない」

というのは、


当たり前ではなかったこと。

 


食のチカラを正しく使えば


人が本来生まれ持った能力を発揮


させることができる


ことに気づかれたそうです。





そのご経験から、中根さんは今回、


 


手間なく簡単で美味しい!

それなのに、


子どもの体を最強にできる



そんな「食」の秘密を盛り込んだ


小冊子をリリースされました。

 



あれこれ頑張らなくても 


ここさえ抑えれば大丈夫!



 


✔離乳食・幼児食真っ只中の
パパママさん



はもちろんなのですが、


この情報・・


離乳食&幼児食期の


お子さんがいるパパママさんだけで


独占するのは、

正直もったいないです!!


 



✔プレママさん

✔子どものココロとカラダを
強くする食事法を知りたい方


✔毎日のご飯作りの現状を変えたい方


こんな方へのヒントも


ちりばめられていますので


手にとってみてくださいね。


 



ちなみに・・

子どもの可能性を伸ばしてあげるには、


免疫力の要となる「腸」


キーになるそうです。
 


 


食べたもので


人の心と体は作られていますからね。


 


   


今、離乳食中だったり


もし周りに離乳食している方がいたら


教えてあげて欲しいなって思います^ ^


 


  


 


中根さんと私、実はご近所さん!


普段は全く会わないんですが



 


今回はね、


私がこの春から始めた学びに


なんと、


中根さんも通っていた!


というビックリ偶然が!!


 


帰りの電車、ご一緒しながら


いろんな事を話してきましたよ。


 


 


この新しく始めた学びが


面白すぎて、私かなりハマっているんですね。


 


 


いろんなことを学びたい知識欲は


何歳になっても


ワクワクさせてくれます。


 


 


この学びについては


いずれお話ししたいなと思っています。


 


だって皆様にも


価値あるものだから。


 


 


ただ、今はまだ私が未熟すぎて


時期尚早なので


もうちょっと成長して


自分の言葉に置き換えて話せるようになってから


お話ししますね。


 


 


 


それでは、今日はここまで!


読んでくださり感謝☆


 


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1093026?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200




皆さまの感想や質問をいただけると嬉しいです♡
直接こちらのメールに返信くださいね♪


全てにお返事することはできませんが
必ず読んでいます。


いただいた質問などは
メルマガの中でご紹介させていただく場合があります。


 



【須田直子プロフィール】


青森県出身


中学生の時に先生の影響で
得意になった理科。
なんとなくそのまま理系の道へ進む。


大学卒業後、鉄道関係の会社に
システムエンジニアとして就職。
大企業で7年間の経験を積んだ後、


科学実験講師へ転向。


都内の科学実験教室の教室長として
年中さんから高校生まで
年間200名以上のお子様を預かり
実験の楽しさを伝えてきた。


9年間の講師生活では、
教室内の実験だけでなく
児童館や学童、幼稚園、特許庁など
公共機関での実験イベント経験多数あり。
関わった生徒数はのべ1万人以上。



娘が小学校に入学するタイミングで
自分自身がもっと娘と関わる時間を持ちたいという思いから
フルタイムで働くことを辞める。
 


2017年、
生活の中に密着しているサイエンスを
イベント的な実験ではなく
日々の生活の中で楽しんでもらいたいという思いから
「ママがわが子にお家で遊ぶように教えるサイエンス・クッキング&クラフト教室」
を起ち上げる。 


起業したその月に月商120万を達成。


現在もサイエンスを自宅で楽しむ講座開催中!


 


同時に、親勉インストラクターとしても活動開始。
リクエスト開催のみにも関わらず
活動実績を重ね、
2018年8月マスターインストラクター昇格。


親勉協会の中では
「親勉ラボ」統括責任者
「親勉スキルアップ講座」開催
など、インストラクターの育成と教育をメインに活動。


 


『ママはわが子のプロデューサー』
という信念の元
お母さんの日々の生活の工夫で
子どもがお勉強好きになる『親勉』と
科学の芽を育てる子育てを実践中!



Facebookはこちら
https://www.facebook.com/haha.naoko1122


ブログはこちら
https://ameblo.jp/crescentmoon-and-stars/




 







 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック