君塚由佳

ジャッジと暴言と愛情について

2019/7/30配信


皆様


ごきげんいかがですか?君塚由佳です。





大切な友人の一人が 恋の終わりを告白してた。
彼が 人が変わってしまったそうで 違和感に耐えられなかうなったそうな。

私のかわいこちゃんに 何の文句があるんだ!と彼に嫉妬しつつ(笑)

ちゃんと話せるなんてすごいなあ、とか

離婚も失恋も そして倒産も(同列に扱うのははばかれるけども)
どうしょう、どうしようと悩んでいる時が 血が噴き出しているのに傷が増えていく一番苦しい時期で 
どちらにせよ結論が出てしまったら あとはやるべきことをやるだけで 

大変だけど ちょっと山場は超えているのかな、と 
何もできない自分を少し落ち着かせているところ。

そして思い出すのは
「君は変わってしまった」と 私自身が 家族に絶望されたときのこと。





それは 時期的には 絶好調の時でした。

企業の業務委託事業をこなしていたとはいえ、
どこも中小企業で 研修の会場も貸会議室とか立派なところじゃなくて
会社の食堂や 商店街の組合事務所とかでした。
公民館とかでもやったな(笑)

社員は50名とか多くても200人くらい。一人でこなせちゃう規模。
世間の多くは中小企業だし、少ないとはいえ200人相手に研修とかできちゃうんだもの。
ありがたかったです。

でも、なぜか急に上場企業からオファーが来るようになったんですよ。
研修会場も 立派な研修センターとかで。設備も最新鋭。
講師控室とかもあってね、専属のお世話係の人がお茶とかお菓子用意してくれるの。


ざぶとん並べながら マイクもなしで声を張り上げていたのは何だったんでしょう?って思ったよね。
研修の後の懇親会で 社長とカラオケでデュエットもありませんし
契約金だって ゼロが1つ違ってた。1社で年間1000万超え。
「これが大企業か・・・」と ちょっと目が開いた感じ。



いいときって 何やってもうまくいく。
大企業つながりで 他社からもオファーが来てね。

そういう時ってあるじゃないですか。トントン拍子でいい流れが来る時って。

久しぶりに会った同級生が 名刺を差し出してきて。
「俺ね、部長になったんだ。うちの研修を君塚に任せたい」とか言い出したり。
そこも名だたるトップメーカーだった。




なんか、モテ期みたいなのキターーーーーって思ったよね。
苦節〇年、ようやく私の時代が来ましたよ!!みたいな。

例えば 恋人ができたとき
例えば 昇進した時
例えば 大きな仕事が決まったとき
例えば 大金が転がり込んできたとき

例えば 出入りする店が 居酒屋からオシャレなバーになったとき


それは 偶然、たまたまなのに
ラッキーの大きさが 自分の存在の大きさと勘違いしてしまうことってあるじゃない?


 


 



私自身は なーんにも変わってないし
人としての価値が上がったわけでもない。
もちろん えらくなったわけでもないのに 

私の人生まで一変して
人としても成長したような えらくなってしまったような気がしちゃってね。


 




昨日まで幼稚園生だった子が 入学式で
「今日から小学生だね!お姉ちゃんになったね!おめでとう!!」とお祝いされて
「もう私 お姉さんなんだから!!」って 急に6年生にでもなった気持ちになっちゃうのと似てる。

痛いなあとは思うけど そういうのって、あるじゃない。
大人になっても変わらないよね。

ちょっと 急に成功者ヅラするってヤツ。


 




ここまでは 痛いけど ほほえましいレベルだった。


 


 


 


私がやっちまったのは
 「君も成功しようよ!(私みたいに)が始まったところかな。







実際、どうやったら収入が上がりますか?とか
レベルアップする人脈作れますか?とか
いろんな人から質問されて 教えを請われたりしてたし
お金を払ってコンサルティングをしてほしいという人も確かにいたんだけど

私がやらかしたのは 
きっと夫や息子も 私に成功のノウハウを教えてもらいたいだろうと思い込んでいたこと。






ジャッジって 「裁いたり 決めつける」ことだと言われがちだけど


「こういうふうにしたほうがいいんじゃない?」っていうのが ジャッジだ。

アドバイスとかじゃなくて 強制だからだ。




カプセルホテルに泊まるの?
セルフイメージ下がるし、ゆっくり手足伸ばせないよ?
そんなんじゃ いい仕事できないじゃないさ。
私も散策したいから ついていっていい?スイートを手配するよ。


そんなオモチャみたいな時計やめなよ。
誕生日近いしプレゼントするからさ、
靴だってスニーカーじゃないのにしたほうがいいよ。
靴はその人の格が出るんだよ。気持ちだって引き締まるし、身なりは足元からだよね。


今日、ちょっとあってね・・・なんて弱音を吐いたら
「そんなことグチったって 現実は変わらないよ?今の言葉、前向きな言葉で言い直してみようよ!」って
はげましたりもした。


 




「泊まりたいなら 1人でどうぞ。僕は予定があるから」と あしらわれ
1人でスイートルームのだたっ広い部屋で 「お金のブロックって根が深いな・・」と夫を憐れんで

箱から1度も出された形跡がない贈った靴を
わざわざ引っ張り出して 夫の目につくところに置いたりしたら

夫は私と何も話さなくなった。





えっ?どういうこと?もしかして間違えた?
そうだよなあ、私 パートナーシップは専門じゃないし。
ちょっくら学ぶか!と『夫を稼ぐ男にするセミナー』とか行き始めたら

「君は 変わってしまったね」と 心底ウンザリした顔で言われてしまってね。




なんだよ!そうだよ私は変わったのに 元に戻れっていうこと!?
いっしょに成功したいっていう私の思いやりがわかんないなんて 感謝がないもんだね
だから あなたはうまくいかないんだよ!って 

みみっちい私は暴言を吐きまくったんだけどね。






「私はここまでのことをしたんだから こんな気持ちを抱いてほしい」


「どうしてこういう感情になるんだろう。もっとこう感じればいいのに」


「私に対して こんなふうに思ってよ」

こうやって 人の感じること、感情や気持ちを期待したり 支配することが ジャッジそのもの。

こういうとき、私は無意識に他者基準で生きています。
自分の感じていること、感情や気持ちを見失って 人にどう感じてもらえるか、人の感情、人の気持ちばかり見てる。


 


 


 


それは、自分にとっても 他人にとっても とっても とっても失礼なこと。
そりゃあ、怒られるわな。(笑)


 


 


誰かを支配したいわけでも、誰かをコントロールしたいわけでもなくて、
ただ 相手の「うれしいなあ」っていう感情や気持ちを大切にしたいだけだったのに。


 


自分の、そういう気持ちを大切にすればよかったのに。
それが私なりの愛情で、わたしがちゃんと大切にできていれば 私と誰かの関係は愛情でつながるようになる。


私たちは 自分なりのそれぞれの愛情でつながり合いたいのです。
重い愛ではなく いつくしみ深く想い合いたいのです。


うまいこと言った!!私!!!ひゅーひゅーーーー(*'ω'*)


 




オンラインサロンのご案内



 未来を創ることばと心のしくみ研究所 (月々5000円)

 未来を創る起業・副業のしくみ研究所 (月々3000円)


 




3か月のビジネススクールです。
2週間に1度の集合研修でおひとりさまビジネスを磨きましょう!






 個人相談(セッション)のお申込み


 


 


 


 


 


 


 


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1091596?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200






 


オンラインで火曜日のコース、土曜日のコース、
千葉駅で集合研修と3コースあります。
しかも3コース全て追加料金なしで受講できるから 何度でも落とし込めるよ




3か月のビジネススクールです。
2週間に1度の講座でおひとりさまビジネスを磨きましょう!




<<やっぱり顔を合わせて会って学びたい方>>
メモ千葉11月19日スタート3ヶ月ビジネススタートアップコース2期


※ただいま 個人コンサルティングは満席につき、募集はありません。
ご優待のお客様のみご案内しています。
12月ころ少しだけ募集する予定です。もう少しだけお待ちください








 


※12月31日までのお申し込みは早割
「リトリートの疑問ぜんぶ解消!ZOOMセミナー(12月15日21時~)」など特典があります。

<バリで自分婚。自分を大切にしてますか>

2020年2月6〜11日 君塚由佳&坪田順子
「食べて、祈って、自分に恋するリトリートinバリ島ウブド」


 


 



イベントのご案内




 







 個人相談(セッション)のお申込み




 お問い合わせフォーム







 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック