原田千里

【原田千里メールレター】(22)立ち直りまでのプロセス

2019/7/29配信


 皆様


 


ごきげんさまです。


 


もっと身軽で愉快な人生を送るため、ほぼ毎日。断捨離生活を送っている


 


断捨離®トレーナーの原田千里です。


 


 



 


このメールレターをお読みいただきありがとうございます。



心から感謝いたします。



皆様とメールレターで繋がっていることがとても嬉しいです。


 


 


誰もが泣いた、と言う触れ込みの映画を見ても、


 


泣けたためしのない私ですが、


 


そんな私が、最近ちょっとだけ涙を流しました。


 


ちょろっとでも、心のインパクトは大きかったです。


 


それは、『十二番目の天使』(オグ・マンディーノ)を読み、


 


最後の176ページを過ぎたあたりからでした。


 


 



 


 


舞台で見られた方もいらっしゃると思います。


 


小説の内容に触れるのは避けますが、


 


久しぶりに目頭を熱くして、


 


自然に涙がこぼれた時に、


 


「あ、私、泣いてる・・・」


 


何とも言えない気持ちになりました。


 


悲しい涙ではなく、感動の涙。


 


そのあとの心の温かさ、軽さ、格別な気持ちになりました。


 


泣いた後はいつもに増して、


 


さあて、今日も忙しいぞ!がんばろっと、と思えました。


 


 


涙と一緒に、ちょっともやもやしていた気持ち、


 


お疲れモードの心の浄化作用があったようです。


 


とても質の良い元気チャージをした感覚でした。


 


 


泣くということ。


 


「カタルシス効果」という言葉があります。


 


「カタルシス」はギリシャ語で


 


「精神の浄化」と言う意味です。


 


 


悲しい涙、悔しい涙、嬉しい涙、感動の涙、


 


涙にもいろいろありますが、


 


思い切り泣いた後は、涙と一緒に精神の浄化作用が働いて、


 


気持ちがすっきりして、


 


落ち着きを取り戻せるようです。


 


さて、次に行くかな、という気持ちにもなりやすいと思います。


 


 


私がこの言葉を知ったのは、


 


大学院の選択科目で受講した「グリーフケア」(小西聖子教授)の授業でした。


 


「グリーフケア」は、大切な人を失って悲嘆の日々を過ごしている人に


 


寄り添い、その深い悲しみから立ち直る手助けをすることです。


 


 「グリーフケア」の「グリーフ」とは、英語の「Grief」で、


 


その意味は「悲嘆」です。


 


 


「グリーフケア」では、「悲しむこと」「泣くこと」を肯定します。


 


悲嘆感情は、人として自然な感情だからです。


 


しっかり悲しむこと、しっかり泣くこと、は


 


次に向かうとても大切な儀式だと、学びました。


 


 


大切な人を失ってこんなに悲しいんだ、


 


これからどうしたらいいのか途方に暮れている、


 


生きていく気力がわかない、


 


何を支えに生きていったらいいのか・・・


 


その悲しみ、心細さ、どこに向けていいかわからない怒り、


 


それらを心おきなく、出し切れた人は


 


立ち直りも早く、


 


その後の精神状態も健全を保てるといいます。


 


 


ところが、


 


「いつまでも泣いていないで、しっかりしなさい。」


 


「あなたがそんな状態だと、亡くなった方が悲しみますよ。」


 


となくことを否定されたり、


 


自分自身が、


 


「泣いている場合じゃない・・」


 


と、無理に自分を鼓舞するようにして日常生活に戻ると、


 


後から、喪失感がさらに大きくなって戻ってくることがあります。


 


それは数か月後の事もあれば、数年後の事もあります。


 


 


授業の中でそのような事例研究をいくつかしつつ、


 


自分自身もクライアントとなり、


 


過去の、未完了の、悲しみについて語る時間がありました。


 


私は父親とのことを話し、


 


語るたびに、


 


心のひだにこびりついた黒いものが


 


はがれて流れていく感覚を得ました。


 


 


驚いたのは、黒いもの、と最初感じたなにかが


 


語りつつ味わってみてたら、


 


ふわふわした柔らかいものだったということ。


 


 


わだかまりがあると薄々感じているのに、


 


心にふたをして、見ないようにしていると


 


白いものも黒いものに変えてしまうことがあるようです。


 


 


 


 


心の奥底から引っ張り出して


 


外に出したとたんに、


 


昇華して、白くなったのかもしれません。


 


 


実際、クライアント役として語る機会が複数回あり、


 


初回こそ泣きながら話しましたが、


 


二度目は涙は出ず、


 


三度目は、語り疲れたと言うか、


 


他者目線で自分を見る余裕が出てきたのか、


 


もうどうでもいい過去の話、になっていました。


 


 


語るたびに気持ちが軽くなってたのは確かです。


 


それが、私の体験したカタルシス効果。


 


 


過去の捉えなおしが進むと、


 


今度は腑抜けになりました。


 


間違っていようが、不健全であろうが、


 


それまで自分を自分として成り立たせていた感情を、


 


手放してしまうと、


 


放心状態と言いますか、


 


糸の切れた風船みたいになったのです。


 


 


その状態がしばらく続いて、


 


そのうち腑抜け状態にも飽きてきます。


 


 


「飽きる」「退屈する」という感情は、


 


人間の持つ素晴らしい能力の一つ、だと聞いたことがあります。


 


 


その状態になるともう、再生した自分が立ち上がる寸前です。


 


活動したくて仕方なくなります。


 


新生、自分として。


 


多くのクラスメイトも、そして私自身も、


 


そのプロセスを体験しました。


 


 


グリーフケア、別名トラウマケアとも言います。


 


大なり小なり、心の傷は誰もが持っていると思います。


 


語る事、涙と一緒に感情を出すこと、


 


そこからの再生プロセス。


 


 


断捨離の個別サポートでお話を伺っている時に、


 


モノの片付けの先にある?


 


いや、奥にある感情が見え隠れしてきて、


 


ご本人がそれをとても恐れていて、


 


まだ見たくないと拒絶される場面に何度も出会っています。


 


 


何度目かのセッションで、やっとそろりそろり蓋を開けるようにして


 


語って下さることがあります。


 


 


語りながら感情が溢れてきて、


 


取り乱す場面に何度も遭遇しています。


 


 


その方の涙の意味するところは、


 


本当のところは、私にはわからないですが、


 


でも、その方の涙、怒りの前に勇気があって、


 


勇気から始まった自己開示は必ず、絶対に、


 


道が開けることを、私は知っています。


 


 


なので、一緒にとことん、悲しみや怒り、


 


喪失感を味わわせていただきます。


 


 


心を健全に立ち直らせる過程で、


 


感情が不安定になるのは当然の事。


 


今まで自分を守ってきた殻をやぶるのですから。


 


破った瞬間は、痛いでしょうし、不安になるものです。


 


そのあとの再生プロセスは、


 


腑抜けからの退屈、


 


そして新生自分として活動を始めるのです。


 


 


新たな自分として、


 


積極的に他人や社会と関わるようになると、


 


何が起こるでしょう。


 


 


人生、二度美味しいのは、確かです。


 


 


最後までお読みくださり、ありがとうございます。


 



幸せはいつも身近なところにあります。



今日も身の回りを整えて、


 


隣人に思いやりのもてる一日を過ごしましょう。


 


 



新プログラム始めます。

 日本全国の、そして世界中の断捨離アンさんと話がしたい!!

 【zoom茶話会】 最大5名まで(最小2名で開催成立) どこからでも参加できる 断捨離フリートーク



 


 


お申込み、お待ちしています♪


 8/9(金)14:30~ 【断捨離茶話会in銀座】

 8/6(火)11:30~ 【断捨離ランチ会in銀座】

 8/10(土)14:00~ 【3名限定】【断捨離グループコンサルティングin銀座】

 【個別】カフェトークin銀座


 


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1089789?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200



https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/23926/

https://www.reservestock.jp/stores/index/18120/


 



イベントのご案内




 


 8/9(金)14:30~ 【断捨離茶話会in銀座】

 8/6(火)11:30~ 【断捨離ランチ会in銀座】

 8/10(土)14:00~ 【3名限定】【断捨離グループコンサルティングin銀座】

 【zoom茶話会】 最大5名まで(最小2名で開催成立) どこからでも参加できる 断捨離フリートーク

 【個別】カフェトークin銀座


 お問い合わせフォーム







 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2018 chisato harada, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック