三浦 猛
13065_banner_image

「届かぬ声」を拾い上げてくれる場ができたことの大きな意義

2019/7/24配信


((family_name))、こんばんは。


個人事業専門ホームページ制作 


三浦企画の三浦 猛です。


 



以前このメルマガで、号外として発信した記事があります。



配信後、励ましのお言葉を多数いただき、中には電話までくれた方もいました。



この場を借りて、お礼を申し上げます。 



本当にありがとうございました。


 


さすがメルマガ!と言いますべきか、ブログよりも濃い読者さまがメルマガには付いてくれています。



配信直後から反響があったことが嬉しかったですね。


 


単なる犯人探しや該当人物への興味関心ではなく。



真剣にこの問題を共に考えてくださり、ご意見をくださったことをありがたく思います。


 


大きな反響をいただいたわけですから、その記事の後日談を書かなければいけないとは思っていました。



とはいえ、内容が内容なだけに、あまり迂闊なことは書けません。



個人的な感想ではなく、事実だけを伝えるべきだと思っていたんですね。


 


配信してから約2週間。



色々な動きがありました。



そしてその結末は、この度深井香織さんが公式ブログに記事にしてくださりました。


 


まず大事なこと。



深井さんがこちらに書かれていることは、「全て真実」です。



この度被害に遭われたたくさんの方からの声を一つ一つ丁寧に受け取り、正確に盛ることなく、記事にされています。



超売れっ子星読み師さんですから、間違いなくお忙しいはず。



そんな中お一人お一人からのメッセージを受け取り、時には電話で話を聞いて胸を痛めながら。



強い責任感の元、他人事ではなく自分事として捉え、一連の記事を書き続けてこられたのだと思います。



なぜ深井さんが他人事ではなく書かれたと僕が言い切れるのか?



それは、こういう記事は、「誰が書くか?」によって、相手への伝わり方がまったく違ってくるんですね。


 


深井さんは以前の記事にも書かれていましたが、「私自身は悪く言われたことはなく、むしろ優秀な卒業生という扱いを受けていた」とのこと。



確かに元卒業生の声として掲載されていた、という事実はありますが、どう考えても「私が酷いことをされたから反撃してやる!」的な目的ではないことは誰の目から見てもあきらかなことで。



私的感情抜きとして、被害者救済という大きな目的があっての行動だと僕は思っています。



だから共感できるし、全面的に協力したいと思える。



きっとこの度行動を共にした増田恵美さんも、まったく同じ気持ちだと思います。



もし深井さんが「個人的恨み」という感情論だけでこのような行動を起こしていたとしたら、これだけの共感のお声はいただけなかったでしょうね。



そう、「誰がどのような目的で書くのか?」ということは、とても大事なんですよ。



デリケートな部分を含んだ記事であるだけに、余計にですね。


 


そして、その「被害者救済」が目的だ、ということを掲げると、必ず出てくるのが「こういうことは騙された方が悪いのだから放っておけ」みたいな声。



僕の前回の配信後にも、一部の方から「騙された方が悪い。良い恰好をするな。偽善者ぶるな」というようなお声をいただきました。



まあ、ある程度想定内ではありましたが、ちょっとよく考えてほしいんですね。



「騙された方が悪い」 「騙された方も悪い」



一文字違いですが、この二つの言葉の違いはとても大きいと思うんですよ。


 


確かに今回のような話の場合、最終的に被害に遭われたのだとしたら、そこには「自己責任」という結論がくだされます。



そこまでの過程はどうあれ、最後に受けたのは自分、決めたのは自分。



だからガタガタ言っても仕方ないよ、どうにもならないよ、と。


 


でもですね・・・



被害に遭われた方皆さん、そんなことは分かっているんですよね。



だから「私が馬鹿だった」「いい勉強代だと思って忘れる」というようなムーブになっていくわけです、どんどんと。



今回お声をいただいた全員の方誰一人として、「酷い目にあった! なんとかしてくれ!」という方はいませんでした。


 


「私にも落ち度があった」「私も悪かったんです」ということを前提のうえで、お話してくれたんですね。



深井さんも書かれていましたが、皆さん優しいんです。



金銭的な被害だけでなく、精神的にも大きな被害を受けている方もいて。



そういう人が多いから、「声なき声」を拾うことが大事じゃないのかなって思うんですよね。


 


別に僕らはそんな聖人君子ではないですし、世の中の全ての人を助けられるだなんて、当然ですが思っていません。



ただね、「騙される方が悪い」「泣き寝入りする」「いい勉強代だと思って忘れる」的な風潮はやはり間違いだと思うんですよ。


 


「騙される方も悪い」ということはあるけど、決して「騙される方が悪い」ではない。



騙す方が絶対的に悪いんですよ。 これはもう間違いではない。



そしてそのことを声に出していかないと、こういう被害はこれからも減っていかない。



臭いものに蓋では、絶対に減らない。



それを正義感だとか、偽善だと言われるのであれば、もうどんどん言ってください、ですね。


 



折しもお笑い芸人の宮迫さん、田村亮さんの記者会見が話題になり、対応した吉本興業の社長の在り方が話題となっています。



この件はどちらが良い・悪いということは今ここで書くべきではないので割愛しますが、この一連の騒動を見ても。



(宮迫さんが良いか悪いか別として)宮迫さんの勇気を持った行動が世論を動かし、評価されています。



松本人志さんや明石家さんまさんなど、大御所の方の「言いたくても言えない若手のことをもっと考えてほしい」という発言も、大きな共感を得ています。


 


先述したように、僕らは聖人君子ではなく、偉そうなことを言える立場の人ではないとわかっています。



でも、この度の深井さんのような行動が、被害に遭われて泣き寝入りしようとしている人を救うことができるわけです。



それはひょっとしたら決意を持った大きな行動の割には、小さな影響かも知れない。



でもその小さな影響も、続けることで大きくなっていくし、意味があることは続けるべきだと僕は思います。


 


今回、僕も深井さんも増田さんも一番嬉しかったことが、「動いてくれてありがとうございます」という声をいただけたこと。



まだお金が返ってきたわけじゃないんですよ。



心の傷が癒えたわけでもないんです。



それなのに、「ありがとう」と言ってくださる。



いやいや違いますよ・・・「ありがとう」というのは僕らの方ですよと、その何十倍も思うわけです。


 


深井さんのような人が増えてくれればと強く思いますし、「声なき声」「届かぬ声」を拾い上げてくれる場があればいいなとも思います。



もう、「いい勉強代になった」とかいう感情を持つのはやめませんか?



「騙された私にも落ち度があった」と思うことは同じことを繰り返さないうえでも必要な認識だと思いますが。



「騙された私が悪かった」という感情だけで自分を責めるのはやめましょうね。
 



本来だったら払う必要のない高いお金を諦めることはないです。



傷ついた心を、そのままにしておくこともやめましょう。


 


最後に・・・ 



この度の深井さんの記事の中の最後の部分を引用させていただきます。


 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


誰にも言えずに悔しい想いを抱え続けて、本当は悪くないのに「自分も悪かった」と自分を納得させるしかなかった、黙って何年も過ごした人たちが何人も実際にいるという事だけは真実なのです。



どうかそこだけはご理解いただきたいのです。



そして、もうこんなひどい体験をする方がいなくなることを、このような詐欺のような案件が無くなることを切に願います。



自分には関係ない、そんなものにはひっかからないと思いますか?



私はそんなに自信がありません。



誰でも弱っている時、誰かに頼りたくなる時期というのはあります。



そういった隙間にするっと入り込み、自分が信頼できる人の名前を沢山あげられて勧誘されてしまったとしたら…?



最近、色々なところでコンサルタント詐欺のような被害を耳にするようになりました。



おそらく他にも沢山このような事をしている人がいるのだろうなと思います。



万が一自分だけではなくて、周りの人にも似たような被害にあった方がいたとしたら、ぜひとも消費者センターに相談してみてください。



最後にもう一回、消費者ホットラインのページをはこちらです。



繰り返しますが、もうこんなひどい体験をする方がいなくなることを、このような詐欺のような案件が無くなることを切に願っています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



あまりにもインパクトが強烈なので、被害報告部分だけにどうしても目がいってしまいますが・・・



そこだけでなく、最後のこの部分を((family_name))に受け止めていただけたら嬉しいです。


 


今回のような被害に遭われる方が今後増えることがないことと。



今一度、自分自身の仕事に対する姿勢を見直していきたいと強く思う次第です。


 



最後までお付き合いくださりまして、ありがとうございました。



 


 


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1085933?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200




 




 ZOOM無料ホームページ相談 お申し込みフォーム




 お問い合わせフォーム




 キャンセル待ち専用フォーム







 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック