VITA

【VITAのレポート#34】お笑い王国、革命前夜

2019/7/24配信


親愛なる あなた

 


こんにちは!


今日は今話題の吉本騒動について、私から見えていることを書いてみます。実は、弊社にまでもテレビ局から取材の打診をいただきました。


 


吉本の騒動とは、宮迫博之さんと田村亮さんらによる反社会勢力を相手にした闇営業問題に端を発し、それぞれの会見などから、今も続く問題。


(岡本社長の会見前まで時系列でまとまっている参考サイトhttps://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d3523b8e4b020cd994564f2


 


個人的には、


宮迫さんや亮さんの会見、岡本社長の会見もさることながら、


加藤浩次さんの熱量にとってもしびれました。


https://youtu.be/0b-aWrTwDdg


 


今、お笑い王国の革命前夜を迎えていますね。


令和〜♪


本当にあらゆる面で、すごく良い展開になっていきますね。


 


手紙と言いつつレポートになっちゃった・・!


興味がある方は何回かに分けて読んでください。


 


お笑い王国革命前夜


◆選択はいつも自分の手の中にある


◆専門性が高く入れ替えがない組織は閉塞感が強まる


◆テクノロジーがいつも革命を起こす


◆必要なのは内側の育成。啓蒙や思想


 


 



 


さてさて、あなたと語りたく、私の主観を書きます。


ただ、あくまで私は元よしもと芸人であること、


また、今回の報道の通り、吉本芸人は契約書を介した雇用関係ではありませんので、「ひとりの素人の主観」として受けとめてくれたらと思います。


 


 


◆選択はいつも自分の手の中にある


 


結論から言うと、


って・・・


急に面白くなくなっちゃうかもしれないのですが・・・


 


私は、誰の意見、どの立場の方にも


賛成も反対もありません。


 


本当に大きなことなのだけど、


とても小さなことに思える、そんな感じなんです。


 


なぜなら、


どんなに大きなことも小さなことも、


<自分の道は><自分で選ぶことができる>


から。


 


大前提として、今渦中にいらっしゃる方は、


卓越した才能があり、影響力がある方々です。


私なんて、人知れず芸人を始めて人知れず芸人を引退し、


全くニュースになっていないですし!w(^O^)/


 


影響力が大きいから、


こうして、私たちが自分ごととして捉えられるキッカケを与えてくれる、


だから、そうした存在は有難いです。


 


一方で、私には、


吉本興業やテレビメディアでさえ、


一つの家庭とか、会社や学校、


とにかく、ただの一組織に見えてなりません。


 


嫌ならいつでも抜けられるし、


居るならば、


・耐えるか(宮迫さん亮さん他多くの芸人さん?)、


・現状維持か(松本さん?)、


・誤魔化すか(岡本社長?)


・改善するか(加藤さん?)、


しかないのだろうと思います。


 


居て・なおかつ活用する組 もいて、


新時代にあう形で、上手に器を扱っているのが、


渡辺直美さんやキングコングの西野さんらは


そういう印象ですよね。


 


 


◆専門性が高く、入れ替えがないと閉塞感が強まる


 


才能の限界はもちろん大きな要素でしたが、


私はそもそも芸能界が合わず辞めました。


 


強い閉塞感を感じたのですね。


専門性が高かったり、入れ替えがないと閉塞感が強まります。


 


これは、吉本に限らず、


昨年くらいから体育会の変容が強く求められましたね。


 


5月の日大アメフト部タックル問題、


8月にはリオ五輪にも出場した体操の宮川紗江選手が協会のパワハラを訴えた件。


 


スポーツもお笑い、芸能界、美容業界、数十年前の教育現場もかな?


と見ているのですが、


人並み外れた才能開花のためには、


時には常識外れたことも必要になります。


 


気づかないうちに、


「あたり前」がなんだかわからなくなってしまうのだと思います。


 


私が体験したことをざっと挙げると、当時、年収8,900円。呼ばれたら24時間以内に行かなければならない暗黙ルール、禁煙部屋も誰か先輩がタバコを吸ったら喫煙部屋に変わる、衣装着替えで靴下を履かせられた体験、稽古やオーディションは毎日夜中24時から・・・などなど。


 


当時は会社から急に呼ばれたとしても、すぐに対応できるように、朝の6時半から昼の15時までカレー屋さんでバイトして、16時から22時まで渋谷のヤマダ電機、夜の23時から朝の4時まで笹塚の庄屋で働き、また朝の6時半から15時までカレー屋、16時から相方とネタ合わせして、19時のライブで滑る、という1日を48時間ととらえる生活を丸3年していました。


 


周りもそんな風なので、特に疑問はありませんでした。


 


ちなみに、どうして、芸能界と反社会勢力やお酒、薬物と少し近づきやすいかというと、こういうのって全部と連動していて、なんでもゴシップになったり、プライベートを過ごす芸能人に配慮のない一般人の影響で、彼らが明るいところで遊べない社会が闇へ闇へ向かわせるのではないかと思っています。


 


閉ざされた空間には風を送り、


闇には光をさすことが一番。


 


今回明るみになった、ということが最高のグッドニュースです。


 


だから、自分の環境は風通しが良くて明るいだろうか?


というセルフチェックと、


今、不平不満が、もしもある場所に居たとしたら、


それは自分の選択である、


ということは教訓になりそうです。


 


 


◆テクノロジーがいつも革命を起こす


 


では、どうしてどんどんと明るみになる時代になったかと言えば、


「情報技術(インターネット)の進化」に他ならないですね。


 


今は一人ひとりがメディアを持つ時代です。


テレビを持たない人も増えました。


 


岡本社長の「テープ録ってんちゃうの?」も恐れも儚く、


お相手の意思次第で、誰もがiphoneで簡単に録音したものを全世界に流せる時代です。


 


私たちの価値観の変容は、いつもテクノロジーの進化とともにあります。


 


今の時代はイギリスとフランス革命が起きた頃のようで、


16, 17世紀ごろから、イギリスで市民革命が始まりますが、


工場制手工業の発展はセットだったと記憶しています。


男女平等といった考えも、力仕事以外で資本形成できる社会になったからです。


 


情報革命はまだまだ色々な世界に恩恵をもたらすでしょう。


時代の境を体験できる、それだけでエキサイティングで、


この時代に生きられて本当に私たちはラッキーです。


 


オープンにすればするほど、循環のスピードは早まりますね。


 


 


◆必要なのは内側の育成。啓蒙や思想


 


もう少し歴史に重ねると、


イギリスの革命の頃、


国家や社会の仕組みについて自由な考えが出てきたんですよね。


 


教会や国王の支配に苦しんできた人々に


新しい社会の到来を合理的にわかりやすく説明し、自覚させたのが


ジョン=ロックやモンテスキュー、ルソーなどの啓蒙思想です。


 


それが、フランス人権宣言


<人間は生まれながらにして、自由かつ平等な権利を持っている。社会的な差別は一般の福祉に基づく以外にはありえない>


に通じていくのです。


 


要するに、今までは良くも悪くも、


吉本芸人も、アスリートも、


人権なんて考える余裕がなかったのかなと思います。


 


強くならなくちゃ!


面白くならなくちゃ!


なんとしてでも!


 


そのエネルギーがあったから、頂点や極み、といった地点に到達できた。


それはそれで良し、と捉えたうえで、今変化の時なのですね。


 


種がまかれて、芽が出て膨らんで、実がなって、花が咲いて、散って、


 


栄枯盛衰、諸行無常、新陳代謝


そんな言葉が浮かびます。


 


一部の報道では、吉本が北朝鮮と言われていましたけれど、


「笑い」ということに集中して集中して


一つの会社が、国家とまで言わしめるってある意味凄いことです。


 


お笑い芸人さんは、テレビで見ている通りの方々です。


楽しませるのが大好きで、それしか考えていない、


その周りを支える方も同じ考えです。


 


外側に向けてガーッと広がったエネルギーの次の展開として、


思い切り「内側」に向かう


「倫理観」や「思想」が必要なのだろうと思います。


 


人を楽しませる人の胸の内は


どんな心持ちでいるのが良いのだろうか?


 


柔らかなコミュニケーションのもと、


自然と一貫してくると理想です。


 


弊社等身大は、そこに理想を置いています。


 


内側の追求。


個々の内面が朗らかで、喜びに満ちていて、


大切な人を最も幸せにして、


お客様に笑顔と最高のエネルギーを届ける。


 


なんとなく、今回の件を受けて、


私も徐々に、このエネルギーを外に向けて、


チームメンバーを増やしていけたらとふと思いました。


 


「言っていることとやっていることが違う!」


と良く言ったものですが、


ここを揃えるのは


実は別のエネルギーだから、結構大変なことなのです。


 


でも、バラエティに富んだ天才たちが集まる組織、


吉本興業は、きっとやるでしょうね。


 


令和の吉本。凄いなあ。とても楽しみ!!


お笑い王国から、お笑い民主主義国家へ。


より一層の笑いを世界へ届けていくことでしょう。


 


以上が私の教訓です。長かったね。レポートになっちゃったや・・・


 


教授!


VITAのレポート提出、読んでくださり、ありがとうございます。


 


色々感じますね。今回の件。今度意見も聞かせてね!


 


VITA


 


p.s 音声はまたあげるね!


 



 


「TIC&等身大 創業感謝祭!コラボ Party Seminar!!」


早割 あと1週間!食べ飲み放題付きで、12,000円は7/31までです。


続々とお申し込み、ありがとうございます!


https://www.reservestock.jp/events/358430


 



 






☆ 等身大力とは
・ 今ある自分を最大限に活かして、目の前の人を幸せにする力
・ 自分が伸び伸び生きることで、周りさえも幸せにする在り方
・ この世界にたった一人の「天賦の我」を生き切る覚悟


 


 





▷内容が気に入りましたらメルマガをご紹介下さい♩
https://resast.jp/subscribe/99461   


 99461?o=((customer_name_urlencode))




 お問い合わせフォーム







 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 







Copyright (c) Copyright 2018 Toshindai Corporation. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック