須田 直子

夏休みの憂鬱が楽しみな事に変換!

2019/7/21配信


皆様


 


こんばんは!


須田直子です。


 



 


子どもの夏休みの宿題の中でも


断トツで親が面倒だと思う宿題は・・・


 


そう、「自由研究」!


 


調査によると


半数以上の保護者が「面倒」と答えているんです。


 


 


でも見方を変える事で


子どもが将来、役立つ力を育てることができるとしたら?


 


 


 


 


昨日は、オンライン講座


『自由研究で子どもの力を伸ばす』


を開催しました!


 



 


オンラインの講座は経験したことがない!


という方もいらっしゃる中


30人もの方に参加していただきましたよ。


 


 


全国の方とつながれるって


良いですね(^^)


 


 


初めまして!


の方もかなりいらっしゃったので


本当は全員とお話したかったんですが


 


なんせ、


講座は90分!


 


なのに


伝えたいことはいーっぱいある!!


 


という事で、


自己紹介もそこそこに


90分間、話しどおしました。


 


 


 


多くのお母さんが


 


・テーマってどうやって決めたらいいの?


・親はどこまで関わるべきか?


 


なんてことを思っているからこそ


 


 


それをね、


そもそも自由研究って何だろう?


というところから紐解いていきましたよ。


 


 


「自由研究」が長ーい間


子どもの夏休みの宿題から消えないのには


やっぱりそれなりの理由があるんですね。


 


  


 


先日、本屋さんに行ったら


自由研究のネタを書いている本が


たくさん並んでいました。


 


またWEbサイトでも検索すると


ネタはいくらでも出てきますね。


 


 


そういうものを見て


あ、コレやらせればいいかな?


なんて思っているとしたら


もったいない事をしていますよ!!


 


 


この講座では、


そういう形骸化したやらせ方ではなくて、


 


どうせやるなら


子どもの好きな事を


伸ばしてあげるきっかけにできたり


 


学校の授業では習わない


「論理的思考


育ててあげるための方法を


お伝えしました。


 


 


9年間、科学実験教室の子たちの


自由研究を見てきたからこそ


保護者の方に伝えたいことってあるんですね。


 


 


特に小1のお母さんが


たくさん受講してくださっていましたが


 


高学年のお子さんを持つお母さんからも、


未就学児のお母さんからも


 


・テーマの見つけ方がようやくわかりました!


 


・この方法、自由研究だけでなく普段からやらせたい!


 


・早く子どもと自由研究に取り組みたくなりました!


 


と嬉しい感想を続々といただいています♪


 


 


 


この講座はあと1回、


次回は23日(火)10時から11時半で開催するのですが


 


残念ながらお申込みいただいたのに


ご入金が確認できず、


連絡も取れない方がいらっしゃったので


その分だけ追加募集いたします!


 


ただね、もう2日後なので


明日22日の13時までに手続きを完了できる方


に限らせていただきますね!


 


やっぱり受けておきたい!!


と思った方はチャンス!


https://resast.jp/page/event_series/Mjc2NWFlYWY3Y


 


もう締めきったんですか?


と問い合わせいただいていた方


ご都合あうようでしたら


お待ちしていますね!


 


 


 


昨日は、わが家の休日の朝にはおなじみ!


コメダ珈琲でモーニングしました♪



 


私は仕事、


小4娘は夏休みの計画をたてながらね。


 


夏の予定が二転三転したこともあり、


娘とよーく話し合った結果


塾の夏期講習にも参加しないことに!


 


その分、思いっきり遊べる計画になっています(笑)


 


 


毎年、夏休み1日目は宿題作戦会議の日!


 


それ通りにはなかなかいかないけれど


計画を立てて自分で管理する練習もしてほしいな。


と思い小1の時から続けています!


 


4年目にもなると


少しは(ほんの少しはね)


それっぽく計画たてられるようになりました。


 


自分で夫の実家や私の実感に行く日に


何をやるのかを決めている様子は楽しそう。


 


 


小4の夏休みも


「楽しかったな!」


と思える夏休みになるよう願っています。


 


 


 


今日はここまで!


読んでくださり感謝☆


 


 


 


 


そろそろ、次期の超親勉日程を考え始めています。

9月末くらいから日曜開催が濃厚です。


 


おそらく土日開催はこの回で最後。


今なら日程調整可能ですので


気になっている方はご相談くださいね。



超親勉の内容はこちら
https://ameblo.jp/crescentmoon-and-stars/entry-12375010853.html



 


 


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1082770?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200




皆さまの感想や質問をいただけると嬉しいです♡
直接こちらのメールに返信くださいね♪


全てにお返事することはできませんが
必ず読んでいます。


いただいた質問などは
メルマガの中でご紹介させていただく場合があります。


 



【須田直子プロフィール】


青森県出身


中学生の時に先生の影響で
得意になった理科。
なんとなくそのまま理系の道へ進む。


大学卒業後、鉄道関係の会社に
システムエンジニアとして就職。
大企業で7年間の経験を積んだ後、


科学実験講師へ転向。


都内の科学実験教室の教室長として
年中さんから高校生まで
年間200名以上のお子様を預かり
実験の楽しさを伝えてきた。


9年間の講師生活では、
教室内の実験だけでなく
児童館や学童、幼稚園、特許庁など
公共機関での実験イベント経験多数あり。
関わった生徒数はのべ1万人以上。



娘が小学校に入学するタイミングで
自分自身がもっと娘と関わる時間を持ちたいという思いから
フルタイムで働くことを辞める。
 


2017年、
生活の中に密着しているサイエンスを
イベント的な実験ではなく
日々の生活の中で楽しんでもらいたいという思いから
「ママがわが子にお家で遊ぶように教えるサイエンス・クッキング&クラフト教室」
を起ち上げる。 


起業したその月に月商120万を達成。


現在もサイエンスを自宅で楽しむ講座開催中!


 


同時に、親勉インストラクターとしても活動開始。
リクエスト開催のみにも関わらず
活動実績を重ね、
2018年8月マスターインストラクター昇格。


親勉協会の中では
「親勉ラボ」統括責任者
「親勉スキルアップ講座」開催
など、インストラクターの育成と教育をメインに活動。


 


『ママはわが子のプロデューサー』
という信念の元
お母さんの日々の生活の工夫で
子どもがお勉強好きになる『親勉』と
科学の芽を育てる子育てを実践中!



Facebookはこちら
https://www.facebook.com/haha.naoko1122


ブログはこちら
https://ameblo.jp/crescentmoon-and-stars/




 







 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック