ミネラルウォーター殺菌方法の一つとして使われる


オゾン処理は次亜塩素酸水と同等の殺菌力があり、強力な酸化力で殺菌や脱色、脱臭、鮮度保持に効果があります。


オゾンが残ることはほぼないですが


副生成物として発生する臭素酸には発がん性が確認されており、


一部のメーカーから基準値を超える臭素酸が出たことで回収になった事例があります。


それぞれのナチュラルウォーターメーカーの殺菌方法や水源など確かめることも必要!!


(取水地が重要が重要)


 なぜなら日本の場合、ミネラルウォーターを採取する水源近くの環境保護については、