藤原 恵津子
7402_昼景1

ツインレイについて

2019/7/15配信


7402_昼景1


 皆様 こんにちは
可能性開花トレーナー藤原 恵津子です。


6865_藤原恵津子写真


ツインレイについて


さて、先週は七夕でした。

七夕の主役は「織姫と彦星」。

本来の七夕は旧暦で、そのころだと澄んだ青空高くに見えます

そしてこの織姫と彦星、実はツインレイだと言われています

さらに一世を風靡した映画「君の名は」の三葉と瀧もツインレイだと言われます



前にチラリとツインレイについて書いてから、ちょくちょくご質問もいただきますのでこの機会に書こうと思います


 


下へ続く↓



イベントのご案内



あなたの思考プログラムを紐解き、自分に合った叶え方を知りたい人 

 7/15 ワクワクビジョン実現セミナー(明石)

 


あなたの思考プログラムを紐解き、自分に合った叶え方を知りたい人
 7/22ワクワクビジョン実現セミナー(大阪)

 



カサンドラの人、もしかしてカサンドラではないかと思っている人

 7/30わかば会




楽に生きたい、望んでるものを手に入れたい、もっとお仕事を展開したい、楽しく自分らしく生きたい人

 11/8「可能性」開花10日間コース
(今月末まで超早割期間中)

 


 



続き↓


 


ツインレイとは、共に輪廻転生を繰り返し、一つの魂を二人の人間として分かち合って生まれてきた究極のソウルメイトといわれます


 


とてもロマンチックなイメージを持ってらっしゃる方も多いですね


 


「ツインレイと結婚したい」とか、


「出会うのを待ち望んでいる」とか 


「今の彼がツインレイではないか」とか
(たいていこういうことを言うのは女性です)


 


「ツインレイとはなかなか出会えない」と言われるのは、


 


出会うときには、ある程度魂が成熟した段階であること


出会うことで果たすべき役割があるからだと言われています


 


 


早速、夢を壊すようなことを言いますが、


決してロマンチックな関係ではありません


 


「同じ一つの魂の片割れ」と言われますが、要するに「自分=相手」であるということです


それはすなわち、相手の中に見えるものはすべて自分だということ。


 


これは何もレイに限ったことではありませんが、レイが相手だともっとダイレクトにそれを実感できます。


なので、お互いに相手を通して学びあい、成長しあっていく関係性でもあります


ベースは「愛」を学ぶということでしょうか


といっても男女間の恋愛という意味での愛ではなく無償の愛です。


しかも究極の と言えるかもしれません


ツインレイという関係を通して愛を学び、それを基盤にしてライトワーカーとしての役割を果たすという目的があるのです。



ちなみにライトワーカーとは、地球のアセンションをサポートをする人です


具体的にいうと、
地球に住む人たちのアセンション(魂の次元上昇)のサポーターです



一人一人のアセンションによって、その集合体である地球(ガイア)のアセンションが加速しますよね。


 


私はスピリチュアル専門ではなかったので、自分がそうだと知るまでは「ライトワーカー」という言葉も知りませんでした。



今はスピリチュアル的な内容も物理と自然科学で理解していますので、違和感は全くありませんが。


 


さて、役割を果たすためには、自己という土台を強固にしておかねばなりません。


何かあるたびにぐらついていては果たせない、それぐらい過酷であると言われています。


そのために必要な関係であるので、巷でよくある男女の恋愛関係とはちょっと違います


違うどころか、そういう気持ちを持った関係になると強制終了がかかります。


そういう関係になってしまうと、出会った目的である役割を果たせないどころか主体である「自己」の土台すら危うくなってしまうからです



なので、そういった気持ちがなくなるまで会えなくなってしまいます。


「頭を冷やしなさい!」って感じかな


 


そして、冷静になったと同時に天命に気づかされます。


 


気持ちがリセットされ、天命を知ることで、再会を許されて再スタートするそうです。


まさに私たちの関係もそうでした



そこから、天命として与えられた役割を果たすための学びや試練がさらに続きます


これ結構苦しいです


一言で書いてしまうと、さらっとした印象を受けるかもしれませんが、生きることさえ苦しくなってしまうほど過酷なものですね


 


でもそれを乗り越えるヒントは常に相手のレイからくるのが不思議なところです


また、一つ一つ乗り越えることで魂のレベルが上がっていくことを確実に実感できます


そうしながら土台を整え成長し、天命として与えられた役割を果たしていくんだなと感じています


 


私は自分がツインレイに出会うまでは、ソウルメイトすら半信半疑で、ツインレイという言葉も知りませんでした



彼と出会った時に、瞬間的にソウルメイトだと確信したのですが(半信半疑であったにもかかわらず、それは疑いようもないぐらいの確信でした)、ただのソウルメイトではない、もっともっと絆の深いものだという感覚がありました


この感覚はなんだろうと探っていくうちに「ツインレイ」という言葉を知り、はっきりと確信しました



ツインレイはだいたい決まった経過をたどるそうなのですが、面白いほど自分たちの経験が それに当てはまっていくのには不思議を通り越して怖さすら感じました。


 



このような経過をたどるという知識がまずあり、それを経験してきたというより、まずは経験して後で調べるとその経過通りでびっくり!


と言う方が当てはまります


 


その他にも、当てはまるところがたくさんありました


また、考えていること感じていることがそのまま伝わってしまいます。


当然、嘘やごまかしはできません。


 


 


ツインレイがロマンチックな関係というのは初めのちょこっとの期間だけ。


あとは結構きつかったですよ



だから、ツインレイの関係性にロマンチックな夢を抱くのはやめたほうがいいです


今お付き合いしている彼、
夢中になっている彼が
「ツインレイかも」とか
「素敵な彼(ツインレイ)に出会いたい」とか、


そういう白馬の王子サマ的なイメージを持っている方にはっきりお伝えします。


もし、あなたの彼がツインレイだったとしたら、一般的にいうような恋愛感情を持っている間は強制終了が入りますし、魂レベルの上昇のためにかなり過酷な試練が待っていると覚悟してください。


これでもかというほど向き合わなければいけません。


しかも向き合えば向き合うほど、さらに向き合うべきところが出てきます


やっと抜けた!と思っても、だからこそ、さらに出てきます


抜けても抜けても次から次へ、さらにレベルの高いものが出てきます。


究極の愛 というものが本当に理解できるまで、それは続くのだと思います。


 


なので、ロマンチックなものではないです。
そのようなイメージを持たれていた方、
ガックリきたなら、ごめんなさいです表情嬉しい汗


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1064935?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200





 



 





 




 メール相談フォーム




 メルマガのご感想&ご質問




 お申込み&お問合せ







 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック