Mikasa

【あと1名】144グリッドプレゼント【旅の準備せよ】

2019/6/27配信


皆様




 




あと1名さま。6月いっぱい募集!


複数のコースからぴったりのものをお勧めしています。


↓↓↓まずはこちらから、無料体験セッションをお申込みください。↓↓↓


真の自分自身へ還り、真の自分自身から創造するための魂の総清算と覚醒

 7/7ソウルジャーニー【3ヶ月変容プログラム】 




 


テオティワカン ピラミッドの頂上から、


美しい月のピラミッドを眺む。


Mikasaです。


 


 


 


こちらは月のピラミッドから、太陽のピラミッドを眺む。


 



 


夏至のマヤ・アステカの旅は、


マヤがレイヤードピラミッド(何重にも重ねられたピラミッド)を創った


本当の理由を知ると同時に、統合する、素晴らしい機会でした。


 


ハイアーセルフとの統合は普通、


ツリー状なので順を追ってなされますが、


夏至の時刻にピラミッド頂上で大量の太陽光を浴び、


そうだった、これもフラクタルだった!


と気づいた途端、その光を直視できました。


 


ということで元気にアバターとして地上で働いております。


 


まあ、ピラミッドはのぼるためのものではなくて(笑)


中が大事、なんですが、地下洞窟につながっている


マヤのピラミッド群は、ほとんど中


というか地下を探索されていません。


ようやくチェチェンイッツァの封印が解かれたくらいで。


 


高次に熟達するには、


アンダーグラウンドの次元に熟達する必要がありますが、


こっちの方は(も)命がけですので、


まだまだ探索している人は少ないですね。


 


さらに。


どの次元も行ったり来たり、


自在に旅する方法は、ほとんど教えられていません。


 


マヤ・アステカの最も神聖な教えは


土着の部族によって伝えられました。


 


それは、故郷へと還る地図です。


 


マヤ暦?それは2012年に終わりましたよ。


あなたは今、どのサイクルを生きていますか?


 


時は線形ではない。循環する螺旋。


時に乗り、時を満たすのです。


 


太陽の石。


それは読み物ではなく、乗り物です。


 



 


旅人よ、”時”に乗れ


次元のヴェールをくぐり抜けて


行き着く先は、遥かなるいま


 


マヤのメディスンホィールは


時/空の両輪で天翔る


 


地球上での一つのサイクルを終え、誕生日を迎えました。


魂の神殿である身体に感謝して。


その神殿を捧げ、


生命をこの世に生み出すという偉大な仕事を成し遂げ、


DNAという生命のコードを引き継いでくれた


両親に、そのまた両親に・・・感謝して。 


 


螺旋を行き来し、生と死を超える。本質を生きるために。


 8/12-16 DNA レベル2


 


 


今日は”生命賛歌”のライトランゲージを読者の皆さんと、世界に放ちます。


マヤの光の叡智、144グリッドです。


 


詳しくはこちらで学びます。


 9/21,22 ライトランゲージ初級&中級


 


探求の民の皆さん!


シートベルト締めて(笑)、出発の準備はいいですか?


 


  


One Heart, One Song,


Mikasa


 



 



 



イベントのご案内



真の自分自身へ還り、真の自分自身から創造するための魂の総清算と覚醒

 7/7ソウルジャーニー【3ヶ月変容プログラム】


天使と人間の役割を学びたい、天使との意識的サービス(奉仕活動)に参加したい

 8/4エンジェルサービス


DNAアクティベーションを学びたい方、自分の特性や才能を起動し拡大したい方、遺伝的・長期的パターンを超えて成長したい方

 8/12-16 DNA レベル2


量子的な色と神聖幾何学の学びを深めたい人、光を具現化に使えるようなりたい人

 9/21,22 ライトランゲージ初級&中級



 


 お問い合わせフォーム







 



 



  



この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1060750?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200



配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2019 Mikasa Kuroiwa. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック