藤原 恵津子
7402_昼景1

愛が不足していませんか?

2019/7/ 4配信


7402_昼景1


皆様 こんにちは
可能性開花トレーナー藤原 恵津子です。


 


ビジョン実現プロデューサーより可能性開花トレーナーの方がしっくりくるので変えました


6865_藤原恵津子写真


 


さてさて、皆様は、他人にネガティブな感情を抱いたことってありますせんか?


例えば、


人をうらやんだり、


比較して落ち込んだり、


怒りを感じてみたり、


悔しさを感じたりなど…


 


実は、それは「自分への愛情不足のサイン」です


 


下へ続く↓



イベントのご案内




あなたの思考プログラムを紐解き、自分に合った叶え方を知りたい人 

 7/15 ワクワクビジョン実現セミナー(明石)

 


あなたの思考プログラムを紐解き、自分に合った叶え方を知りたい人
 7/22ワクワクビジョン実現セミナー(大阪)

 



カサンドラの人、もしかしてカサンドラではないかと思っている人

 7/30わかば会





楽に生きたい、望んでるものを手に入れたい、もっとお仕事を展開したい、楽しく自分らしく生きたい人

 11/8「可能性」開花10日間コース


 



 


続き↓


 


人は自分が満たされていると、他人にそのような感情を持ちえません


 


例えば、


人をうらやむのは、
自分にはそれが手に入らないと思っているから


 


比較して落ち込むのは
自分が劣っていると感じているから


 


怒るのは
その下にある本当の感情
(もっと認めて、もっと大事に扱ってなど)
が満たされていないから


 


悔しいのは
自分に足りなさを感じているから


 


つまりすべては、自分の感じていることの裏返し


 


もし、どんな自分であれ、自分自身にOKを出せていると
(こういう自分でもいいという自己受容が出来ていると)



他人にそういうことを感じないのです


 


自己受容とは自分を愛することでもあります


 


なので、他人に対するネガティブな感情をもつということは


自分に愛が足りていないという証拠になります


 


 


だから、


他人にネガティブな感情を感じているとしたら


あるいは感じたなら、


 


「そう感じるのは良くない」と思って無理に押し殺したり、感じていないようにふるまう(抑圧)のではなく


「感じているんだなぁ」というところに気づき、


 


感じている自分に許可を出す


感じている理由を知りそこに共感する 


その感情を感じ切る


どんな自分にもOKを出す ということ


 


そして、日々、


自分に愛をいっぱい注いであげること


自分が楽しいことをする


自分が気持ちよくなることをする


自分がワクワクすることをする



そして、何より、


他人より自分を優先して生きる


 


ということを心がけてみるといいですよ


 


 


見出しのサンプル


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1058102?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200





 



 





 


 メール相談フォーム




 メルマガのご感想&ご質問




 お申込み&お問合せ


 




 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック