藤原 恵津子
7402_昼景1

アセンション(次元上昇)って何ですか?

2019/6/17配信


7402_昼景1


皆様 こんにちは
ビジョン実現プロデューサー藤原 恵津子です。


6865_藤原恵津子写真


 


アセンションって何ですか?


という質問に、今日はお答えします


 


一言で言うと、魂の次元の上昇ということで、言い換えるなら、精神性の上昇のことです


私たちの魂(精神性)にはレベルがあります


といっても、その高低は人間の価値と全く関係ありません。人の価値は誰も同じです


下へ続く↓



イベントのご案内



あなたの思考プログラムを紐解き、自分に合った叶え方を知りたい人 

 6/18 ワクワクビジョン実現セミナー(明石)

 


あなたの思考プログラムを紐解き、自分に合った叶え方を知りたい人
 6/24ワクワクビジョン実現セミナー(大阪)

 



豊かな老後を送りたい方・お金について真剣に考えている方

 6/22資産運用・保全(貯金倍増)スクール=知識編=


カサンドラの人、もしかしてカサンドラではないかと思っている人

 6/30わかば会


楽に生きたい、望んでるものを手に入れたい、もっとお仕事を展開したい、楽しく自分らしく生きたい人

 11/8「可能性」開花10日間コース
(7月末まで超早割期間中)

 


 



続き↓


 


 私たちが現在生きている世界は3次元だと言われています


3次元とは、面と高さで構成される空間の世界です


ちなみに0次元は点、1次元は線 2次元は点と線で構成された世界(面)です


4次元は、空間と時間軸で構成される世界。


5次元は 空間と時間軸で構成された世界がセクターで分離された世界です
(※パラレルワールドですね)


今の物理学では、理論上では11次元の世界まで存在しているそうです



話がそれましたが…


3次元の世界に住む私たちは、ものの見方を立体的に捉えます


立方体を見たとき、面と高さ(奥行)で判別できますね


そしてこれは、物事の見方についても同じです


出来事の表面だけを見るのではなく、奥行きまで含めて解釈します


(3次元的な捉え方といいますよね)


 



例えば、


幼稚園で男女がけんかをして、男の子が女の子を殴った。


結果、女の子が泣き出した


 


表面的な捉え方をすると(2次元的解釈)、


男の子が悪い ってなっちゃいます


 


しかし3次元的な解釈をすると、物事の奥まで見るので、男の子はどうして女の子を殴ったのだろう…ってなるのです。


もしかすると、何か家庭的にストレスがあって、それを発散したのかもしれない… 


このように奥行きまで考えられるのが3次元的な解釈で、そしてこれができるのが3次元の人たち。


そういう人たちによって構成されているのが3次元の世界だと私は捉えています



4次元は、そこに時間軸が加わってきます。


今の世界も、時間を追って考えることが出来るので4次元のような気もしますが、本当の4次元世界は、時間軸を自由に移動できる世界のことを言います


4次元世界は肉体が無くても行け、3次元の精神をそのまま持って行ける世界です。
催眠を利用すると体験できますが、日常の意識を保ったままでいける世界でもあります。



そして、4次元世界が同時にいくつも存在している…というのが5次元世界


この世界においては、わたしたちはワンネスであり、平等であり、全てつながっているということを知る世界です。


愛が支配し、ジャッジのない世界、そして魂の喜びを感じられる世界でもあります


また異世界からのメッセージを受け取ったり、イメージの現実化などもできる世界です


 


6次元は、ハイヤーセルフの世界ビッグバンで生まれたすべての世界を移動できるといわれています


7次元は、ビッグバン以外の可能性で生まれた宇宙にさえアクセスできる世界だと言われています



8次元は、未来の時間軸や平行世界を操作できる無限意識の世界で、あらゆる宇宙の可能性を見ることが出来る世界だと言われています


9次元は、創造主がいる世界で、時間やパラレルを創造する次元。物理法則や初期条件の違う宇宙の全てが比較できる世界だと言われています


10次元は、人間の理解を越えた世界で、創造のその先、全ての可能性が許された次元といわれています



初めの質問に戻りますが、


私たちの魂は現実世界における様々な経験を通して成長します。



そして、成長すると、物事の捉え方や理解が深まり、生きる世界が3次元から4次元、4次元から5次元へと上昇していくのです。


これがアセンションであると私は思っています


 


肉体を持たない次元である6次元より下の世界(五次元以下)の世界では、私たちは全員、物理的には同じ空間に生きていますが、アセンションしている人としていない人とでは、違う世界に生きていると言えます。


 


※今現在の物理学においては「コペンハーゲン解釈(一つに定まった時点でほかの可能性が消えてしまう)」か「多世界解釈(パラレルワールド)」のどちらなのか実証できていないようです


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1045697?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200





 



 





 


 メール相談フォーム




 メルマガのご感想&ご質問




 お申込み&お問合せ


 




配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック