湯川央恵

勝手な妄想で勝手に自爆していませんか?

2019/6/ 9配信


皆様


 


 


大人革命・幸せ体質クリエイター
/ダメンズ引寄せ症候群・集中治療室の湯川央恵です。


 


さて先日、こんな相談メールが来ました。


掲載許可の上、皆さんにもシェアしたいと思います。


 


 



先日子供の運動会がありました。


夫にも出席して欲しくて、ずっと前からお願いしていたのに、前日になって急に不機嫌になり


「やっぱりいくのやめる」と言い出したのです。


なぜかと理由を聞いても不機嫌なまま。


家族を軽んじているようなその態度、子供っぽさ、気軽さ、その無神経さが許せません。


夫こそが子供のよう。


大事な子供のことなのに自分ばっかりで、他人事のようなその態度。腹が立つやら、情けないやら。


こんなことが最近頻繁に起こります。


真剣に離婚も考えるようになりました。一体どうすればいいのか…。



 


 


子供の運動会を前々から伝えていたのに


前日になっていきなり夫が行かない、と。


おまけに不機嫌になったんですね…。


 


 


いら立ちと同時に無力感のようなものを


Yさんは感じておられるのかなと思いました。


 


 


鏡の法則で言えば、


自分も子供っぽいところがあるかもしれない


ということは、お分かりだと思いますが、


それ以外のポイントを


ここでは見て行きたいと思います。


 


 


1つめ「事実と想像を分ける」


 



感情がこんがらがると、


事実と想像がごっちゃになります。


なのでまずやるべきことは、


それらをきちんと整理するということ。


 


 


この場合の事実は2つ。



「前日にキャンセルした」ということ。


「ハッキリした理由が聞けなかった」ということ。


 


それ以外はYさんの想像や妄想なのです。


 


 


この妄想や想像が尾ひれとなって、


より問題を複雑にさせているということなのです。


ココ、めっちゃ大事ですよ!!!


 


 


夫の行動がネガティブなものだと思うからこそ、


その行動の理由も


ネガティブなものとしか見えなくなっているんですね。


 


 


こうして想像がネガティブになると、


夫を責める思いばかりが湧いてきます。


すると益々夫との溝が深くなってしまいます。


 


なので事実と想像(妄想)を分ける!


これまずはテッパンです。


 


 


2つめ「自分の意味づけを知る」


 


本来、出来事に意味は無いのです。


今回の場合、出来事はコレ1つ。


「夫が運動会に行かないと前日に言った」ということ。


それ以上でもなければ、それ以下でも無いのです。


 


 


でもそれに対して


「軽んじている」「無神経だ」「他人ごと」という意味を


Yさんが勝手につけているだけなんですね。


 


 


「非常識だ!」「ありえない!」


こんな解釈をしている限り


夫婦関係はなかなか厳しいものになりそうです。


 


 


つまり夫がその行動をした理由は、


夫に聞かない限り分からないのです。


分からないのに勝手に意味付けて


勝手に怒って


勝手に不安になって


勝手に自爆する。


 


 


これ、すんごいエネルギーの無駄遣いですから!


 


 


3つめ「理由を聞かれると困る」



ここまで言っておきながら


覆すような事を言いますが、


実は男性は理由を聞かれるのがニガテ。


特に「不機嫌の理由」を聞かれるのが特に!


 


 



女性は「なぜその感情になったのか」を


それはもう事細かに話せますが、


男性はホントムリなんですね。


 


 


とは言え、男性が不機嫌になるその理由は


様々にあります。


 


 



例えば、


・コントロールや支配性が強く、自分の思い通りにならないことでイライラして不機嫌になっている


・プライドが高く、自分の非を認められずに不機嫌になっている


・一度に複数のタスクを抱えている時に、冷静になろうとして不機嫌なっている


 


 



こんな感じであるのですが、


先ほども言いましたように、


男性は細かい自分の感情のディテールを話すことが


とてもニガテなんですね。


 


 


だから「理由を聞かれても困る」わけです。


つまり「自分でも分からない」ということなんです。


 


 


「なぜ?」「どうして?」と聞けば聞くほど


「責められている」と感じてしまう。


結果、


逃げるか噛み付くかしか無くなるわけです。


 


 


んじゃ、どーすりゃいいのよ!!ってなりますよね(笑)


なのでこういう場合、以下のようにするのが


一番オススメ出来ることではないかと思うのです。


 


 



自分を主語にした言葉で


自分の気持ちを相手に伝えること



 


つまり「アイメッセージ」ね。


 


「あなたが急にキャンセルしたことで、
私はとてもガッカリしたんだよ。本当に楽しみにしていたから」


 


「あなたがそんな不機嫌になることで、私は本当に怖いんだよ。
いつもビクビクしてしまうんだよ」とかね。


 


こうして自分を主語に伝えることで


「責められている」よりも


「ああ、そう感じていたんだ」と伝わりやすくなりますからね。


 


 


 


ちなみに、相手に対してカンタンに不機嫌になる人は、


相手の事を見くびっている所があるのかもしれません。


これは男女問わずです。


女性でもすぐに不機嫌になる人は、いくらでも居ますからね。


 


 


いくら不機嫌になっても


自分の立場を脅かされないと思っているのか、


自分から離れる訳がないと思っているのか、


自分は優遇されて当然と思っているのか、


 



だからこそ、自分を主語にして、


自分の気持ちをキチンと相手に伝える事なんですね。


 


 


ということで、Yさん。


 


勝手な意味付けをしない、


そして自分の気持ちを相手に伝える、ということ。


不機嫌になる原因もいろいろあることを


知っておくこと。


 


 


夫婦関係や恋愛などのパートナーシップは、


一番近しい相手だからこそ、いろいろ悩むわけです。


 


 


それほど大事に思っている相手だ、


と言う事なんだと思います。


どうぞ一人で抱え込まないでね。


 


-----------------------------
個別相談会 残席1


zoom(電話)を利用するので遠方の方も安心!


https://realize-bp.jp/8437
-------------------------------


 


 


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1044368?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200



今日のメルマガはどうでしたか?


これからも、お一人おひとりの皆様が、


幸せな人生を歩むためのヒントをお届けしたいと思っております。


 



「ご紹介させていただきたい」と思える


質問や感想については、


メルマガやブログなどにご紹介させて頂くことがございます。


その際は個人名や個人が特定出来ないように配慮させて頂きます。


 



万一どうしても掲載を控えて欲しい場合は、


その旨お書き添え頂きましたら、


遵守させていただきます。


 



そんなところもご理解頂いた上で、


お気軽に質問・感想などを送って頂けると嬉しいです♡


 


このまま返信頂きますと


湯川だけに直接届きます。


 


 


「感想は、あなたの学びを定着させる最高の学習法」です。


感想はコチラ⇒ hiro@realize-bp.com


 


 


湯川 央恵


 




 お問い合わせフォーム







 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック