KAORI⁂ 華ある祈りと幸せ£

ついうっかり掘り起こしてしまった過去生からのメッセージ Golden Drop からのお便り『にゃんこのおなか』=^._.^=

2019/6/ 9配信


14526_リザストヘッダー20180825


皆様


高畑香織です。


13360_アバター20190105


 


ちょっと今日はながーくなりますが


このメールを開けてくれた人には


必ず共通点のある話ではないかと思います。


 



☆イベントのご案内



SASを習得したい方 自分を癒す方法をマスターしたい方

 6/29 愛知県 【6/29(土)愛知県岡崎市】【人生を変えるSASレベル1を習得するための講座】


☆個人セッション、動物のヒーリングなどの受付はこちらから

 






 


 


 


☆過去生をどうとらえるか?


ついうっかり掘り起こしてしまった過去生~自分の真実を裏切るという体験


は過去生というものを
どうとらえていますか?


過去生というのは
自分自身という生命体の集積であり
沢山の失敗や
無残な死、
みじめな生が
あったりするわけで


過去生はお姫様だった的な
ロマンティックとは
実際には関係なかったりします。


あまりにも無残で無念すぎて
忘れがたい念が今でも
自分に影響を及ぼし続けています。


無論、よかった面も
沢山積み重ねていますが
問題になるのはネガティブ面ですので
ここが本当に今の自分に影響を
与えているのは確かです。


過去生を癒せば
現世が癒されるというよりは


自分を起点にして
その過去数千年・数億年に及ぶ
自分という意識体の全てを
癒していく、ということを
していくべきなのでしょう。


つまり、今世時点での
癒しをやっていないのに


過去生を知ったり
ヒーリングしただけで
根本的な癒しが起きることはない
ということです。





☆自ら開けてしまった地獄の釜の蓋



私は自ら開けてしまった
地獄の釜の蓋、とでもいうべき
過去生からずっと受け継いできた
プロセスに取り組んでいました。


今日はそれについて
お話ししようと思います。


あるセッションを受けたとき
自分が過去生において
出会った出来事を理解し


より深く自分を理解する、
ということが起きました。


それはとても重い課題だったので
クリアできずに何度も
チャレンジしていることで


それを理解するということは
自分がしなければならない事が
明確につきつけられたという事です。


自分によって都合の良い真実も
沢山明確になりましたが


自分にとって都合の悪い
苦々しい真実をも同時に
明確になってしまい


そこに向き合わざるを得ない
ということになってしまった。



これが相当苦しいということは
お分かりになるでしょう。


自分自身の問題と
乖離しすぎていて
苦しいかどうかわからない、とか
何に向き合うべきなのか
わからないという段階だった私は


自ら一足飛びに
バウンダリーを飛び越えて
そこに飛び込んでしまって


もう癒しもしたくないし
やる気もでないし
とにかく苦しい、に
逆戻りしてしまったのです。


 


☆Pay Attention 【気づいて!】



そのセッションの翌日
地域の草刈がありました。


大した作業じゃなかったのです。


なのに。


首の後ろだけが
異様に腫れて湿疹がでて
かゆくてたまらないのです。


毛虫などの毛がついたか
虫に噛まれたのか?


兎に角
とんでもない目にあったのです。


で、その翌日。


公園でお昼を食べようと思い
その辺に座ったら
おしりとか股のあたりを
10か所以上ダニに噛まれて
異様にかゆくてたまらない。


夜ねられないぐらいかゆいのです。


その翌日。


建物の壁に寄りかかったら
なぜかその肩のあたりを
虫に刺された。


そして、その翌日。


ベンチに座ったら
やっぱりダニに数か所刺され
またしてもかゆくなる。


 


これまでの人生で
こんなことはもちろんありません。


大したことをしていないのに


常識的な範囲の事を
していたのに


返ってくる結果が
釣り合わないほど
大きくて不条理、


些細な事だったのに
なんでここまでの事に


と思うことが
4日連続で起きたのです。



これは間違いなく
先日ついうっかり
掘り起こしてしまった
あの過去生がらみの事だけど


どうクリアできるのかわからない。


その週に
プロセスがあったので
同時に起きていた別の件を
持っていきました。


そこで私は
ハイヤーセルフを選ぶということ
自分自身の真実を裏切るということ
他者を許すということ
自分を許すということについて
深く考えることになったのですが


これはまた別の話として
別でお話ししようと思いますが


しかし
ここでの許すということ
トラウマのせいにして
ハイヤーセルフを選べない
という自分


自分の真実を裏切り続けている
痛みをごまかそうとする自分
というのは


過去生から持ってきた
課題に深く関係していました。


セッションを申し込まなければ
と思って申し込んだけれど


いろんな理由をつけて
やりたくない
もういい


となっていったとき
カードを引いてみました。


出たのは


Pay Attention 【気づいて!】


というカード。


何度も繰り返し現れることは
天が与える気付いてほしいという
注意信号。
あなたの癒されるべき
信念体系がありますよ、という意味。



何かはわからない。
でも確かに異常事態。


それで私はどうにかこうにか
セッションにこぎつけました。


 


☆公平さ、公正さをもちきること



今回は交換セッションという形で
お互いの傷を見るということをしました。


彼女の持ってきた問題を聞きながら
自分の問題にも共通の学ぶべきことが
あるとするならば
それはどこなのか?に注意しながら
進んでいきました。


自分の観点からは
全く気付かなかったけれど


「虫から見たら
私がいきなり虫のコロニーに
バウンダリーを踏み越えて
暴力的に入ってきたということ」


であり



思い返せば


バウンダリーというものを
全くわからないし
わかろうともしない、


私はもうそれでいい、
私は孤独でいい、


だったことを思い出しました。


中学校や家庭で起きていたこと、


会社で起きていることが
全く同じ構図であることが
ようやくわかりました。


自分の今世における過去でも
自分が悪気なく行った事が
思ったよりも大変な事になって


その結果、
自分だけが感情的にも
全く救われないということになる、
がたくさんあったのです。


その時にあった信念体系は
「公平さや公正さで
自分のバウンダリーが
守られることはない」


であり


「自分が行動すると
大変なことになる」であり


その結果
「自分だけが不公平な目にあい
他人の価値観を
一方的に受け入れさせられる」


だったのです。


そして、大切なことは


自分も同時に相手に対する
公正さや公平さを
見失った、ということです。


また、自分にとって都合の悪い
自分の過失は認めないということです。



すごく小さいころ
私は弟とケンカになったのですが
弟は思わぬ大けがをしてしまい


よくある兄弟喧嘩だったのに
結果として、
私だけが悪いということに
なったとき


私は
「母は弟だけがカワイイから
こうやって不公平な裁定をくだしている。
私だけ愛されてない」と
母に対しても公平でない態度を
取り続けたのです。


この自分にとっての
都合の悪い真実を
どう扱うべきかを知らず


自分が不公平な目にあって
「私だって思いもよらぬ結果に
すごく驚いたし傷ついた。


ケンカは両方悪いのに
自分だけがニーズを無視されて
愛されない」は
ずっと握りしめたままだったのです。


私目線では
弟が生まれて以来
変わってしまった世界を
どうにも受容できずに


弟や親に対する不満が
積み重なっていたので


そのケンカの際にも
憎しみをぶつけていたことは
なかったことにしました。



その時母が自分に対して
公平だった部分も
なかったことにしました。


それはつまり
「その事件後も母は
私にも弟にも同じように
変わらず与えてくれていた」
ということ。


それがあったおかげで
会社などで同じ不条理な目にあって
左遷されたりしても


私の会社での収入自体は
ほとんど変わなかったし
むしろ融通が利いて
自分にとって都合の良いことが
沢山あったのです。


もし母が
ここであからさまに
私への待遇を悪くしたり
罰を与えていたのであれば
きっと私は収入も激減して
ツラい目にあったのでしょう。


でもそうでなかったのは


父や母が
扱いにくい子どもで
何が気に食わないのか
全くわからない
懐かない子どもへの愛を
与え続けてくれたからでしょう。


 


「公平さや公正さで
自分のバウンダリーが
守られることはない」


は過去生からずっと引き継いできた
信念体系だったのですが


ようやくこの時点にて
今私が生きているここから
限りない過去全てに対して
癒しを送っていける
起点となることができたのです。


 


☆カインとアベル時代から続いている根深い兄弟の関係性


弟や妹が生まれてから起きる
兄弟プロセスというものは
人類にとって大きなテーマの一つです。


それこそカインとアベル以来の
パターンであり


カインとアベルだって
神が自分の捧げものを受け取らず
弟だけが受け入れられたことが
許せなくて
人類初の兄弟殺しを行うのです。


人類初の殺人事件は
兄弟殺しだったのです。


それぐらい根本的な問題だからこそ
世界中に溢れかえっている
悲劇の元になるのですよね。


大人になり
自分の中の子ども意識故に
ごく限定された認識でしか
自分の周囲の物事を見られない
という状態を抜け出し


 


自分自身が真に感じたことを


捻じ曲げたり


なかったことにしたりして


ごまかし続けたことを


自分自身は知っていて


その自分への裏切りに


耐えられなくなっていたということを


理解しました。


 


また一つ自分の傷を癒し
大人意識を持つことができた
という体験でした。


キャラクトロジーで学んだ癒し
またそれ以外の学びをも合わせて


その中にある
高次元なる父性愛と母性愛
高次元なる宇宙意識の愛
それらを受け取って


より自分を癒していこうと思える
事件でした。


 


とても長くなりましたが


この体験談が皆様の参考になればと
思います。


 


 


囲み枠のサンプル

枠内で改行したい場合はSHIFTを押しながらエンターを押してください。




 


 


 


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1044020?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200



☆彡 ヒーリング・SASセッションのお申込みはこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/13360

☆彡 アニマルヒーリングのお申込みはこちらから
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/13360


☆彡 お問い合わせはこのメールに直接ご返信くださいね。


 



イベントのご案内



SASを習得したい方 自分を癒す方法をマスターしたい方

 6/29 愛知県 【6/29(土)愛知県岡崎市】【人生を変えるSASレベル1を習得するための講座】



 






 お問い合わせフォーム







 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック