鈴木 由美
6798_ntayyzmwymi1odg2m

毎朝あなたの「気づき」を刺激する・波動deハッピーレッスン

「う」は、鵜飼いの「う」

2019/6/ 8配信


皆様


おはようございます。


「実」を生きて輝く


フレッシュ・キラリ


鈴木由美です。


 


仙台も昨日梅雨入りしました。


急に肌肌寒くて、この寒暖の差


軽く汗かいて上手に乗り切りましょうね。


 


さて、季節外れですが、いろはかるた


覚えてますか?


 


「い」犬も歩けば棒に当たる


「ろ」論より証拠


「は」?


「に」?


「ほ」?


出だしはよかったんだけどなぁ


覚えていないもんだわ。


 


では、「う」は?


「う」は、鵜飼いの「う」


ヽ(^。^)ノ


 


 


 


長良川では、梅雨時に入って


そろそろ始まりますかね?


 


あの鵜匠の巧みな鵜さばき


彼らが鮎を飲み込む前に


喉をぎゅっと締めて


鮎を吐かせる。


匠の技


 


通常は、長良川の上でしか見られないこの状況が日常にあるということを知ったのは


ハートマッスルトレーニングジムさん主催の保健室コーチングの時


 


保健室に問題行動を起こす生徒たちが後を絶たない。


どんどん集まってきて疲弊してしまうという相談者。


 


この相談者の生徒とのかかわりを


様々な質問で掘り下げていった。


 


最後に


あっ、鵜飼い状態になっていたのね。


そう気づいて、パッと相談者の顔が晴れた。


 


 


鵜飼い状態


 


大変大変!


そういうけど


実は、大変な状況を自分が造りだしている。


 


困った人たちを集めているのは


自分自身なんだよってこと。


 


よく目にする状況じゃないですか?


いるでしょ。


大変大変


忙しすぎて病気になっちゃうとか


死んじゃうとか


 


 


それは、「鵜飼い」「鵜匠」の状態


そのことを知ってから


そういう人たちに出会っても


こっちも慌てなくなった。


 


そう思うんですね。


って、言えちゃう。


「なんて冷たい人」って言われても


心の中ではVサイン。


むしろ、そこから本題に入っていけるから。


 


なので


「う」は鵜飼いの「う」


(^_-)-☆


 


 


ではまた


ごきげんよう


 


由美


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1043209?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200



☆自分を生きている人は元気です。
自分を生きるヒントは日常にいっぱい。
気づきのお手伝いしています。


→支援者教育コーチング 毎月限定お二人様で。
 来月相談開始分の無料オリエンターションは受付中
 ご希望の日時をこのメールに返信でお知らせください。



 


 


 実を生きて輝くレッスン


 次回、アイシン波動個人セッション・ワークショップ申しこみ




 支援者共育コーチング 無料オリエンテーションお問い合わせ




 お問い合わせフォーム







 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2017 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック