伊藤 優一
5337_mjcxodc3oda3zmvlm

【公式】思考と心が繋がるゆういちのメルマガ

登録者数 167

同じような歌を歌い続ける。

2019/6/ 3配信


 


皆様


 


風と共に。


 


ゆういちです(*‘ω‘ *)


 


結局は、


メッセージは変わらない。


 


というか、


生きテクうえでの


根本的な


喜びやかなしみ


といった、感情は


変わらないのかもしれません。


 


ほしい、感じたい


感情のようなもの


体験のようなものも


 


または、


ずっと何かを探している


のかもしれません。


 


それが見つかるまでは、


oh,yeah


 


昔を


過去を


 


今の自分で振り返るときに


振り返ったときに


はじめたわかることや


きづくことがあるように、


 


いまのあなたと


かこのあなたと


あすのあなたは


 


おなじひとのようで


じつはちがうひとかも


しれないし


 


そんなことは


だれにもわからないこと


 


ずっと変わらないこと


少しずつ変わること


一瞬で変化すること


 


僕たちが想っているように


世界は、まわっていて


 


僕たちが想っている


はるか斜め上にいくのも


この世界の常で。


 


 


あ、そうそう


今日は、新月です。


そんなことはどうでもいいんですが。


 


この世界は、まわる。


太陽のまわりを地球はまわっていて


地球のまわりを月はまわっていて


また、月のこの銀河のなかをまわっている


 


まわりめぐる


このせかいを音を聴いて。


 


夢で逢いましょう


と、誰かがいいましたが


 


もしかしたら


この僕たちが”おきている”


とおもっているこの世界が


 


”夢”なのかもしれません。


 


寝ているとき


起きているトキ


 


どっちが現実かは


誰にもわからないから。


 


当たり前のように


寝て起きてを繰り返しますが


 


 


そもそも


なぜ寝るのかって話でもあり。


 


 


□寝るということ


 


 


 


 


□月と会話する


 


今日は、新月なので、


月と会話してみるのも


いいかもしれません。


 


新月とは、


月が昼も夜も1日見えない時。


太陽、月、地球の順に


一直線にならんだ時


 


月はそこにないわけではなく


太陽の光を背中に浴びて


こちら側からは見えないだけ。


 


観えないけど、そこに確かにある新月。


 


なんか、あれみたいですよね。


 


というわけで、


夜空に、ピースと願いを。


 


 


□みえるとみえない


 


みえるものもみえないものも一緒で。


どちらも大事にすること。


 


月と会話するように


誰かと会話すること


 


誰かと会話するように


月と会話すること


 


みえるだれかと


みえないなにかと


 


目の前の人を大切にするように


手の届かないように思えるお月さまに想いを馳せる。


目の前の人と一つにはなれないけど、


あの月と意識を合わせることはできる。


 


 


現実と理想が違ったとしても


違うということは、


そうなれる可能性があるということ。


 


現実と理想が違うということは


前に進もうとしているということ。


 


足るを知り


不足を満たす。


 


 


カタチみたいなものが


なくても、あっても。


信じることができるものを


ひとつでも、もっていること。


 


 


 


□6月


 


5月の後半から


感情のもやもやを


感じて


抜けていくことを


体験した人も多いかもしれません。


 


または、


 


あ、これをやっていくんだ


とか


あぁ、やっぱりこれなんだ


とか、


あ、これは違うな


とか


 


って、感情の整理整頓、断捨離を通して


一歩ずつ進んでいるところかと思います。


 


2018年と2019年は、


 


土台をしっかりと築く時間で


 


いるものといらないもの


残るものと残らないもの


が、すこしずつはっきりしていく時間にもなります。


 


現実がどう動いていくかは人それぞれですが


核のながれはそんな感じです。


 


生き方、とか


ビジョン、とか


暮らし、とか


 


そういう、


言葉にしずらいけど


生きていく中での中心をなすようなことが


さだまってくる、みえてくるそんな時間。


 


だから、こそ。


つらさや、そういった感情を経験することも


おおいかもしれませんが、それを超えていく時期


でも、あるのかもしれません。


 


まぁ、どの状況にいるかで


感じ方は、変わるかもしれませんが。(*‘ω‘ *)


 


 


□呼応する


 


呼べば答えるのがこの世界


 


なのかもしれません。


 


単純にいえば 


私『アイスクリーム食べたい!』


世界『はい、どうぞ!』


ってことです。


 


さて、問題です。


 


”呼ぶ”


 


ということはどういうことでしょうか?


どうやったらできるのでしょうか?


 


 


(・д・)チッ(・д・)チッ(・д・)チッ


 


(・д・)チッ(・д・)チッ(・д・)チッ


 


(・д・)チッ


 


(・д・)チッ


 


(・д・)チッ


 


 


(・д・)チッーーーーンっ!


 


 



 


 


この世界で生きていくコツは


まぁ、この呼べば応える


ってのが、分かるかどうかなのかもしれません。


 


それは、


言葉にする


願う


祈る


表現する


おねがいする


呼ぶ


声に出す


しずかにおもう


一生懸命頑張る


力の限りを尽くす


愛する


 


 


 


ということでは”ない”


のかもしれません。


 


でも、


 


そういうことなのかもしれません。


 


 


あなたは、どんな歌を歌っているでしょうか?


いつから?いつまで?


どんなところで?どんな歌を?


 


気が付けば


いつも同じような歌を歌っている


ということもあるかもしれません。


 


それは、


気が付けば


いつも


”同じようなことをしている”


ということ。


 


 


年をとっても


年を重ねても


誰かと一緒になっても


 


何をしても


どうなっても


どこにいっても


 


変わらない、


あなたがあなたである理由のようなもの。


 


 


□なんでもいいと思えるか?


 


いろいろとね、


 


こうしたほうがいいとか


ああしたほうがいいとか


 


ありますよね?


 


あるけど、


本当は、どうでもいいのかもしれません。


 


または、


どの視点でそうなのかってこと


と、あわしてそうであれるかってことで


 


視点と視界があってなければ


観えてる世界はどちゃまぜです。


 


あまりに


これだこれだ


ってなりすぎると


大切なものがみえなくなるし


大切なことに気づけなくなります。ゆえ。


 


一言でいえば


『自分が気持ちいいこと』


そして


『あなたや誰かも気持ちいいこと』


を、選択すること。


や、選択できること。


 


意識の中ではなく


無意識化でそれができていること。


 


やっているのではなく


わかっていること。


 


 


もうすぐ


19:02に


双子座の新月です。


 


こういうのも


自分でかんかくでわかるようになればよいですね。


新月とかに限らず


 


そうであるときに


そうであれるように


 


必要な時に


必要な選択ができるように


 


一瞬の遅れは


全くの違いということを


 


自分がみえている世界と


あなたがみえている世界は


違うということ。


 


 


自分がみえていることと


自分がみられているということ


 


 


今日もありがとうございます(*‘ω‘ *)


 


6月も愉しんでイキマショウ(*‘ω‘ *)


 


 


 


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1038426?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200




 


 



ご契約サービスのご案内



 ゆういち倶楽部





 お問い合わせフォーム




 四柱推命鑑定申込







 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック