伊藤 優一

ココロのメンテナンス。

2019/5/27配信


 


皆様


 


真夏日!!!


 


ゆういちです(*‘ω‘ *)


 


一歩ずつ着実に。


進んでいるようで


進んでいないように感じる


だけど


確実に進んでいて


戻ろうとしても戻れなくて


過去からの流れと


未来への流れの中で


夢と希望


悪夢と絶望の中で


 


暗すぎるときはその光のさす方へ


明るすぎるときは暗闇を抱いて。


 


 


 


□こころ


 


こころってのはなんでしょうか?


こころは、どこにあるのか?


今日は、脳科学的な話は置いておいて


感覚的な話でいきます。


 


脳と心の関係も研究されてますからね。


でも、それとはちょっと違うお話。


 


僕たちの感じる


感じているように


思っている感情は、


どこからきて


どこへいくのか?


 


それは、いまのところ


まだ誰もわかりません。


 


僕たちは、感情を体験するために


生きているって言われたりもしますが。


じゃ、その感情がなんなのか?


どこからきてどこへいくのか?


は、誰にもわかっていないように思えます。


 


それこそ、


正解や、正しさを


求めているうちは、


その先には、向かえないように思えます。


 


 


感情とはなにか?


どこからきて


誰が感じているのか?


共感覚みたいなものも。


なぜ、同じようなことを感じるのか?


 


サイコパスと呼ばれる人はなんなんか?


 


人と同じことがいいのか?


違うということはなんなのか?


 


 


僕たちは、


同じ体験をして


同じことを感じるわけでもないようです。


 


誰かの喜びは


誰かの哀しみだったりもしたり。


 


誰かのことを


だれかの感情をかんじることはできないから。


 


あなたのもつ感覚


わたしのもつ感覚


 


わたしとあなたの感じる、共感覚。


 


どれだけ近づいてもひとつにはなれないように


どれだけ感じようとしても、


誰かの感情は感じられないのかもしれません。


いや、ひとつになれなくても


”同じ感情”は感じられるのかもしれません。


 


わからなくても


”同じ体験”をしている


”同じ感情を共有”しれいる


ってことを体験したことがある人もいると思います。


 


可能なこと不可能なこと。


空は、とべないかもしれないけど


空を、飛ぶ感覚を感じることはでいるように。


 


 


□メンテナンス


 


ってのは、なんだろうか。


大事に扱うってことかもしれません。


 


自分の心を大事にしていますか?


日々傷ついているかもしれない


ココロを磨いていますか?


 


ココロは、


柔らかくて頑丈です笑


つよくてよわい。


そんな感じ。


 


 


大事なことは


感じていることを無視しないこと。


これだけ。


 


多くのひとは、


感じることではないことを


大事にしているようです。


 


まぁ、正確には


”感じていない”


ということかもしれません、


 


まぁ、感じ過ぎても


”生きるのが大変”


かもしれませんので


バランスが大事。


 


だいじなことは逃さず


どうでもいいことは、気にしないココロの持ちよう。


 


でも、この


・大事なこと


・どうでもいいこと


の区別がつかないんだと思います。


 


 


 


□世界はみえない


 


ひとりでせかいをみることは出来ません。


物事には裏と表があるように、


前だけ見てると裏側は見えません。


むしろ、


ひとりの視点で


観えることなんて限られたもの。


だから、誰かと共有することで


観える世界が広がります。


 


世界が広がると、、、


どうなのかはわかりませんが笑


 


生きるのが楽しくなるような


気はしますね、はい(*‘ω‘ *)


 


 


世界が描ける人は


そこに色を付けることは出来ないのかもしれません。


色を持っている人は


世界をえがくことは、できないのかもしれません。


 


世界を描く人と


そこに、色を付ける人がいて


この世界は、鮮やかになっていくのかもね。


 


あなた、何をする人?


 


今日もありがとうございます(*‘ω‘ *)


ゆういち


 


 


p.s.


今日のBGMは


DAOKOで


『ぼくらのネットワーク』


=====


ぼくらのネットワーク


叶えたい夢


追いかけている


真似できない


ぼくらのネットワーク


好きを集めて


みんなで踊ろ


繋がるネットワーク


=====


 


 


好きで繋がる


このせかいの音。


 


それぞれの色。


それぞれの花。


すべてひっくるめて。


ひとつになる。


 


 


 


 


p.s.2


 


いや、でもね


心の問題は難しいところがあるから


 


大事なのは、、、


ってひところで片づけることもできなくて


 


落ち込むことは


病むこともわるいことではなく。


 


光と闇の話をよく理解


しておくといいかなと思います。


 


統一世界になっていくとはいえ


二元論の世界なので


光があれば闇があり


表があれば裏があるから。


 


統一していくってことは


裏と表がなくなるわけではなく


”ひとつであるということを”


感じやすくなるだけかもしれません。


 


くくればひとつ。


わければふたつ、みっつ。


 


家族というひとつ。


父と母というふたつ。


親と子というみっつ。


 


ひとつでみるのか


わかつそれをみるのか。


ミカタで変わるわけです。


 


ひとつであるとしたときに、


それ全部でひとつだから


誰かに足りないものを誰かが持っていて


合わさって、ひとつだから。


 


 


あなたの心の不足感は


だれかの心の充足感かもしれない。


 


ってちょっとわかりにくいか。笑


 


あぁ、『心の中のバケツ』


って本があったけど


 


あ、


『心の中の幸福のバケツ』


や。


ストレングスファインダーの


ポジティブ心理学の祖父と呼ばれる。


クリフトン博士。


 


 


中でも幸せであるためには


ポジティブであること


 


===== 


ポジティブになるための5カ条


1.バケツの水を汲み出すのをやめる


2.人の良いところに注目する


3.親友を作る


4.思いがけない贈り物をする


5.相手の身になる


 ===== 


 


ってことです。(*‘ω‘ *)


 


まぁ、個人的には、


”ポジティブでなくてもよい”


 と思いますが、、、笑


 


タイプとしても


本田健さんだったかな~?


 


人間は4タイプに分けられて、


ポジティブポジティブ


ポジティブネガティブ


ネガティブポジティブ


ネガティブネガティブ


みたな。


 


=========


あ、ちがったw


ネガティブとポジティブ


自立と依存のマトリックスだわw


人は、さまざまなものの見方や反応のパターンをもっていますが、それは二つの視点で分類することができます。一つ目は、ものごとを「ポジティブ」にとらえるタイプか「ネガティブ」にとらえるタイプかの違い。二つ目は、人に頼らない「自立」タイプか、人に頼ることが多い「依存」タイプかの違いです。この二つの視点の組み合わせで、人を四つのタイプに分類することができます。


http://www.daiwashobo.co.jp/web/html/jew/matrix/


=========


 


もう、素質だからね


ポジティブな人はポジティブだし


ネガティブな人はネガティブなのよ笑


それは、変えようとしなくてよくて


その上で、どうするかって話。


 うまくいってる人は、


自分のそういうの受け入れられてるんだと思います。


 


 


いいところあればわるいとこもあるから。


それだけに焦点をあれずに


すべてをまるっと受け入れること(*‘ω‘ *)


 


 


 


あとがきが長いマン


おわり。


 


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1031684?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200




 


 



ご契約サービスのご案内



 ゆういち倶楽部





 お問い合わせフォーム




 四柱推命鑑定申込







 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック