橘つぐみ

男女でこんなに違う!?デート中に「帰りたい」と思うポイント

2019/5/12配信


橘つぐみです。


いつもメルマガをお読みいただき、ありがとうございます!


男女でこんなに違う!?デート中に「帰りたい」と思うポイント




これまで5,200件以上の恋愛相談を受けてきた私のもとにも、「先日デートをしたのですが、何か違うと感じて......」という相談はかなりあります。

 

女性ばかりが感じると思いがちなこの感覚ですが、男性も同じように感じることがあるのです。

しかも、女性が思うポイントと全然違うんですよね!

 

今回のコラムでは、デート中に「この人イマイチだな......もう帰りたい!」と"イマイチ認定"するポイントを、男女それぞれ3つずつご紹介します。

 

 

 

■男性がデート中に「イマイチ認定」するポイント

 

(1)並んで歩いてしっくりこない

 

これは女性が感じる"生理的に受け付ける、受け付けない"に似ているかもしれません。

体型のバランス、歩き方、身振りや視線などの挙動、会話の仕方などが挙げられます。

 

 

 

(2)性格の裏表が激しい

 

デート初期であれば、ちょっとしたことで「この子、裏表が激しいのかな......?」と感じることがあります。

多くの場合、店員や老人、子供、小動物に対する態度があまりにもきついと、「俺にもいずれはそうなるのか?」と想像してしまうよう。

 

あなたが子供や小動物を好まない場合でも、きつい態度だけは慎むことをオススメします。

 

 

 

(3)手を繋ぐ、腕を組むなどの接触を避ける

 

デートでの彼女との接触は彼氏にとって大きな目的のため、これを避けられたら残念に思う男性は多いようす。

 男性の場合は「彼女とこの先、親密な関係になれそうにないな」と感じた場合、「この人じゃなかった」と思うことがあるようです。

 

 

 

■女性がデート中に「イマイチ認定」するポイント

 

 (1)意思がハッキリしない

 

デート中の行動についていちいち迷う男性は案外多く、会話が盛り上がらなかったり、プランをあまり決めていなかったりすることがあります。

 

男性が緊張しているだけという場合もあるかと思いますが、デートして間もないときは、できるだけ事前準備をしておいたほうがよいでしょう。

 

 

 

(2)興奮状態で不馴れな接触をしてくる

 

TPOを考えず肩を抱いたり、腰に手を回したり、明らかに場違いな印象を与える行動をされると、

女性は一気に気持ちが冷めることがあります。

 

これも彼女と会えたのが嬉しくて、舞い上がっての行動の場合が多いようですが、

彼女の様子や周りの様子を見てから行動したほうがよいでしょう。

 

 

 

(3)デート代のことについて細かく話題にする

 

負担ルールを最初に明らかにしておけばいいものを、気持ち的なことまで言及する人がたまにいます。

例えば「今日はこんなにお金がかかってしまった......」などと、独り言を言う感じですね。

 

ボソボソと言うことが余計にネガティブな印象を与えて、「じゃあ割り勘でもよかったのに!」と女性はうんざりしてしまいます。

 

 

 

わたしは相談においでになる女性には、「恋人がいないなら、目の前の人のいいところを見てあげて、
3回は会いましょう!」と、よくアドバイスしています。

 

女性が思う「この人違った......」の多くは、"男性が緊張しているだけ"の場合が多いもの。

最初のデートで切り捨ててしまうと、本当はベストパートナーだったのに、なんてこともあります。

 

最初に緊張しているくらいの男性の方が、あとあといい彼、夫になってくれるもの。それだけ、あなたを好きだということなんですから。


 


 


 


 



  

この記事が良ければシェアお願いします


この記事をシェア・コメントする


1018621?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200




 


 








 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック