お稽古サロンペルレ浮田かなみ

サロン運営におけるお客様のターゲット層の決め方って?

2019/5/11配信


 


皆様


お稽古サロンペルレ浮田かなみです。


16727_o0480032114058368982


 


来週からまた新たに、


短期集中でインストラクターコースを受講される方々が(^^


春は新しいことを始めるのにちょうどいい季節ですよね♪


 


さてメルマガでは引き続き、サロン運営について書いています♪


ターゲット層を決める


 


これまでのメールの自己分析が出来たら、


「このようなお客様に来てほしい」というターゲットを絞ります。


 


いわゆる「ペルソナ」です。


 


ペルソナとは、理想のお客様を


一人まで絞り込んだ架空の人物像


 


年齢、趣味、職業、住んでいるところ


読んでいそうな雑誌などなど


細かく決めていきます。


 


例えば、「20代から40代の女性」


だと範囲が広すぎますよね。


 


自分も幼稚園に通う子供の子育て中で、


同じ子育て中のママに


リフレッシュできる時間を提供したい、とか


 


28歳のOLさん、


今は独身だけど結婚したらサロンやりたいな


と思っている人に向けてのレッスンがしたいとか。


 


最初の自己分析でやった、


自分が働ける時間を考慮してのターゲット絞り、


となりますが(^^


 


ここでも自己分析をよく思い出してみてください。


自分は、どんなお客様に、


自分の強みを生かしてどんなことをしたくて


サロンをやるのか。


お客様はそれ(自分の強み)によって、


どうなれるのか。です。


 


ターゲットを絞るメリット


ターゲットを絞るメリットとしては


お客様のお悩みや将来への願望が自分も


より具体的に想像できるようになるので


伝えるべき言葉が見つけやすくなります。


 


このブログはうちの資格取得中の生徒さんや


「かつての自分」のような、


「サロンを開こうと思ってるけれど


何したらいいのかよくわからない」


という人に向けて書いています。


 


当時は情報収集もうまくできなかったし、


何から考えたらいいかなんて


よくわかりませんで遠回りしました。


そういう人の役に立つといいなと思って書いています。


 


今後、プロフィールを書いたり、


ブログなどで発信するにあたっても


全ての人に響く言葉というのは難しいものです。


また、それによって発信するツールというのも


何が最適なのか


変わってくる場合があります。


 


そして今後、終始それを意識しながら


発信をしていきます。


またこれは一度作って終わりではなく


状況に合わせてすり合わせていきます。


 


お客様がいらっしゃるようになったら


今度はそのお客様の共通点を探したり。


 


まずはターゲット層を絞ること、


もおススメの一つです(^^


 


よければ考えてみてくださいね。


 


次回は「サロンの(自分の)強みの見つけ方」を書きます♪


 


 


 




 


 


 お問い合わせフォーム







 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


Copyright (c) 2010-2020 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved. 06
Powered by リザーブストック