まな★かな
4001_トップ

【波動研】トーラス整体大解剖⑧-受容と能動、そして触れ合い-

2019/5/ 4配信



 



皆様


いつもお世話になっております。


 


まなお でございます。


 


こちらのメールはご登録いただいている


【炸裂☆波動調整®研究部便り】の配信記事です。


 


こちらでは波動調整®・トーラス整体について


私まなおが1人のインストラクターとして


さまざまな角度から考察してまいります。


 


(同アドレスから発行すされる個人メルマガとの区別のために


本メルマガのタイトルには【波動研】と付けるようにしています。)


 




【バックナンバーについて】


これまで書いてきた過去記事につきましては


新しく開設した波動調整®について語る専用ブログ
『波動調整®研究部』よりご覧いただければと存じます。


⇒ https://hado-chosei.club


現考察シリーズも配信後、加筆修正をしながらアップしています。




 


と、いうわけで今日も炸裂【波動研】でございます。


 


大型連休に便乗した特別企画★


 


ゴールデンウィークを駆け抜ける


 


"トーラス整体大解剖スペシャル"


 


このように題して


 


トーラス整体について


集中的に解説をしていこうと思います


 


ここまでの復習


 



 


 


身体の運動の流れの向き


 


それを思い出していくこと


 


レベル1―5まである


トーラス整体では


自分の身体を隅々まで


"やさしく"触れていきます。


 


それによって


今まで意識を向けてこなかった


 


でも、そこにいたはずの自分


 


忘れかけていた自分を発見していく作業


 


であると同時に


 


そこにいた自分に意識を当てていくことは


確かにそこにいる自分を認めていってあげること


 


自分を見つけ認めていくトーラス整体です。


 


それは何者かになることではなく、


理想の型に固めていく作業ではなく、


自分本来の自然さを取り戻してく作業です。


 


 そのままを認めありのままに還る


 


それは波動調整®の話だけではなく


トーラス整体にも言えることなのです。


 


というわけで、今日の内容に入っていきましょう。


 


向かうべき方向へと向かう力


 


 


 


自然の草木というものは


伸びていきたい方向へと伸びていきます。


 


その志向性というのは生命に溢れ


とても力強いものです。


 


トーラス整体が


 


身体の運動の流れの向き


それを思い出していくというのは


伸びていく方向を知ることでもあります。


 


 


自らが向かいたい方向を知っていく


 


 


そして能動を起こすべきときに


速やかに行動に移せるように


自らを身軽にしていけるものなのです。


 


 


 


周りに影響されるのではなく


自らが決めてやるべきことを


Just do it = "ただやる" 出来るのは


 


しなやかさと強さを兼ね備えた


自分の軸があってこそ、ということです。


 


トーラス整体は自分軸を明確にするもの


 


これを今一度お伝えしようと思います。


 


 


受容と触れ合い


 


 


 


トーラス整体は能動に向かうものである


 


その一方で


 


トーラス整体の施術はとても受容的な時間です。


 


 


アドレナリンを出して燃え上がっているものでもなく


アストラル的なものを煽り立てるものでもありません。


 


ただ静かにゆっくりゆったりと


心を静め落ち着けていくものです。


 


あまりにも緊張が解け心地よくなっていくので


"している側"でも"受けている側"であっても


思わずウトウトとしてしまうような時間でもあります。


 


 


また、トーラス整体は


"優しく触れる"技術ですが、


 


施術の際に大切なことは


 


フェザータッチで


触れている手の側ではなくて


 


その手によって触れられている


 


むしろその手に触れさせている


 


そのトーラスのラインのある側の感覚です。


 


 


 


積極的に触れていく側の意識ではなくて


それを受け容れ触れられていく側の意識が


とても重要になってくるのです。


 


それは波動調整®でお伝えしている


"触れ合う"ということとも繋がっています。


 


 


意識を扱っていく


 


意識を開いていく


 


こうしたところが磨かれていくのは


トーラス整体も波動調整®と同様なのです。


 


 


ただ一方的に触れていく技術ではなくて


意識を払って双方向に触れ合っていく技術です。


 


 


受容と能動、そして対等な触れ合い。



 


波動調整®にも当然通ずる


さまざまなエッセンスが凝縮しているのが


トーラス整体というものだったりするのです。


 


それでは今日はこの辺で締めたいと思います。


 




次回以降もトーラス整体についての


考察・解説を深めていきたいと思います。


 


 


"トーラス整体大解剖スペシャル"


 


 ぜひこのゴールデンウィークの間の


1つの楽しみにして頂けたらと思います。


 


今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。


 


ゴールが見えてきたー★


 


・こちらのお申し込みをお忘れなく









 

 



 

・トーラス整体講座の日程はコチラです。

 



 

身体にあるトーラスの流れを優しくなでるだけ

誰でも簡単にできる心身のセルフメンテナンス方法。

まず身体から入りたいという人は波動調整®講座の前に
トーラス整体から学んでみるのもかなりアリだと思います。

 

 

【ゆったり3日間コース】

 <New>



 


 


 

 


 


 

 






・5月末・6月初めの日程を追加しました。

 

日曜日コース


 

平日3日連続コース



・6月に今年も長野県に呼んで頂くことになりました☆彡




 


・2つの入門講座へ気軽にどうぞ


 


①『本当のわたし』入門


※波動調整®の最も基本となる部分のお話です。





  5/19(日)『本当のわたし』入門@中目黒/担当:柿谷佳奈


  6/23(日)『本当のわたし』入門@小竹向原/担当:まなお


  


 ②『ヒーリング』入門


※実は入門ではなく、かなり本質的な内容です。


 


  5/16(木)『ヒーリング』入門@小竹向原/担当:柿谷佳奈



  6/13(木)『ヒーリング』入門@中目黒/担当:石川佳奈


 


まだこれから波動調整®を学ぶという人は
ここから始めてみると本講座が分かりやすいかも!!


でももちろん入門講座を経由せずに本講座でも無問題です☆


 


(講座の内容なんかもご質問頂ければお答えしますし、
日程やエリアのリクエストも気軽にご相談くださいね)


 


 


・やっぱり波動調整®を受けるのは気持ちよいです


 

 

誰でも何回でもご参加いただける会となっております。

 


  5/16(木)波動調整®セッション会@小竹向原【午前の部】


  5/19(日)波動調整®セッション会@中目黒【午前の部】


  5/25(土)波動調整®セッション会@綱島【午前の部】



 


 


 

 

 

・その他の日程の本講座もいつでも受付中です 


※すべての講座は何度でも再受講無料です。

 

 

 

 

<講座・セッションのリクエストはこちらからどうぞ>

⇒ まなかなお問い合わせフォーム


⇒  個人セッションの予約受付フォーム




 




 






※波動調整®・トーラス整体に関するご質問お待ちしております。



読者のみなさまからのリアルな声が聴きながら進めたいと思っています。


ですので、波動調整®に関してこんな話が聞きたいというものがあれば


下記のフォームよりドシドシ直接ご質問をいただければとおもいます。


 


⇒ <まなおが直接お答えします>波動調整®クエスチョンフォーム




 



 









 


 





先日の特別セミナーの様子が動画になりました☆




私たちの存在とこの世界が形成されている本質についてお話をしています。
ぜひ少しでも多くの方に観て頂きたい、そんな充実の内容となっています。

【動画講座】この宇宙を生きる意味/講師 波動調整®創始者 片岡ひろ子


その他の動画講座のラインナップのご案内

 




 






Special Thanks


★今日も店長のドグ子が大活躍!?



★身体のことでお悩みの女性の方はぜひ!! 


 


★ふしどんのこともヨロシク!!




 





========================


※本メルマガの配信停止はコチラから解除してください。


 


※メールアドレスが変更される方は、 


 このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


=========================






 




 


 


 


 


 


 


Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック