佐野芳己

【2way】ワンネスとしての「お金」

2019/4/21配信


皆様



こんにちは。
佐野です。



先日、
フラクタル心理学の教室で、
-------------------------------------
「一元的お金の理解と実践」
-------------------------------------
という講座を受けてました。


「潜在意識」や
「思考は現実化する」ということを
ある程度理解し、 実践している人むけの
限定セミナーです。



一元的という言葉は、
あまり馴染みがないかもしれないですが、



心理学で言う
潜在意識の一番深いところ、
「超意識」はみんなとつながっている
宇宙すべてと繋がっている
ということですね。

(フラクタル心理学では、もう少し突っ込んで、
宇宙と繋がっているというより、
「宇宙も含めてすべて自分である」と解釈します。)


 



「超意識」が宇宙すべてと繋がっている
というのは、
心理学者ユングが提唱して、



師匠であるフロイトが
「心理学にそんなオカルト的なことは存在しない」
と言って、



その後、決裂したのは
有名な話です。



心理学者ユングは
とても不思議な学者で、
西洋占星術やタロットの
本などにも
度々登場します。



例えば、



「ユングと占星術」
マギーハイド(著)鏡リュウジ(訳)
https://amzn.to/2PkAx3A



「タロットとユング」
サリー ニコルズ (著)
https://amzn.to/2vg0057



「ユング・タロット」
マギー・ハイド (著), 鏡リュウジ (著)
https://amzn.to/2Poghye



などなど。



さて、
話を本題にもどします。



私なりの
「一元的お金の理解と実践」
を続けていきますね。



「自分と世界、宇宙は繋がっている」
というのは、



スピリチュアル系の人は、
-----------------
「ワンネス」
-----------------
と言ってますね。



量子力学的に見ると、
つまり人間の体を
エネルギー体としてみた場合、



私もまわりの空気も目の前の人もエネルギーで
ひとつに溶け合って、
ひとつになってしまいます。



「ワンネス」です。



どういうことかというと、
今、もう科学が進歩して、



自分の身体の
オーラやチャクラの状態が
計測できるようになりました。



機械で見ると、
オーラやチャクラが
色や線で視覚化されます。



自分のカラダと外側の境界って
目で見て触って、
当たり前にあるわけですが、



エネルギー的に見ると、
オーラはその外側まで広がっているので、
どこまでが自分のカラダなのか
不明瞭になります。



オーラの広がっている場所は、
自分のカラダであって、
外側でもある両方の部分です。



目の前の人も同じで、
結局そこにある空間も物体も
エネルギー的にはひとつになり、
ワンネスになってしまいます。



最近の物理学者の話すことは、
もう宗教家、スピリチュアルか
と感じてしまうほど、
近づいてきています。



最近では、
「目に見えないものは信じない」
という人は、
あまりお目にかからなくなりましたが、



「心は目に見えない」


「思考は目に見えない」


「感情は目に見えない」


「電気は目に見えない」


「電波は目に見えない」


「音は聞こえるが、音波は見えない」


「コンピュータのプログラムは、
記述言語は見えるが、働きそのもの(実体)は目に見えない」



というわけで
見えないものは、確実に存在します。



さて、
ここで、お金についてですが、


「お金」って何でしょう?















いろんな意見があると思います。


 


「お金は、経済的エネルギー」


「お金は、価値が見える化したもの」


「お金は、信用と感謝が形になったもの」



などなど。



「金持ち父さん」を書いた
ロバート・キヨサキが、
本の中で、こう言いました。



--------------------------
「お金は目に見えない」
--------------------------



そうですね。



お金を紙幣の紙や
硬貨の金属といった物体ではなく、



先ほどもあげた
中身である


●価値
●信用
●感謝
●経済的エネルギー


としてとらえ、



さらにそれを
「 キャッシュフロー」と言って、


●流れ


で見ているわけです。



お金を
見えないエネルギー体としてとらえ
その流れで見る、ということです。


 


また、多くの人は、
お金を物体としての「量」で見がちですが、
一度、エネルギー体としての
「スピード」で見るのもどうでしょうか?



つまり、



お金持ちは、
経済的エネルギーが入ってくるスピードが速く
自分の手元から出て行くスピードが
入ってくるスピードに比べて遅い。



貧乏な人は、
経済的エネルギーが入ってくるスピードが遅く
自分の手元から出て行くスピードが
入ってくるスピードにくらべて速い。



量を増やそう、減らそう
という思考から



一度、スピードを上げよう、下げように
変えてみるのもいいと思います。



それと、
世界、宇宙はひとつ、
一元的、ワンネスとしてとらえ、



その中でのお金について
一度自分の思考を
整理してみるのもいいと思います。



そんなことは考えられない
という人もいるかもしれませんが(苦笑い)



頭が痛くなるかもしれませんが、
考えることが成長になりますので。



このテーマは、
今後も時々続けたいと思います。



では、また^^



佐野芳己(サノヨシキ)


 



 


 


 


------------------------------


 お問い合わせフォーム




 30分「補助金トライアル」無料オリエンテーション







 


 


配信停止ご希望の方はお手数ではございますが https://resast.jp/page/ss/ から解除をおねがいいたします。


メールアドレスを変更される方はお手数ですが、このメールに返信のうえ、新しいアドレスをお教えください。


 





 


 


UA-37418871
Copyright (c) 2010-2018 Cloudlink, Inc. All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック