伊藤内定ゼミ
1096_伊藤伸一トップ

「第一印象」の作り方

 

自己分析

 

アメリカの100万人進学検査結果からわかることは

①自分の良いことは過大評価し

②自分の弱いところは過小評価する

ということです。

 

つまり

質問回答で言っていることは

あまり信用できない・・・ということです。

 

 

メラビアンの法則

 

応募者が

・本当のことを言っているのか

・過大に言っているのか

・コミュニケーション力が高いのか

・ストレス耐性が高いのか

・誠実か

・正直か

・真摯な態度なのか

を聴覚情報・視覚情報から確認しています。

 

ネガティブチェック

これがネガティブチェックです。

面接官は、過去の面接経験から

・優秀な人材の行動規範

・優秀でない人の行動規範

をもっています。

私も200くらい持っています。

優秀でない行動規範をとるには、理由があります。

また

優秀な行動規範にも理由があります。

 

面接が1分で決まる

と言われるのは、このネガティブチェックからです。

 


  お問い合わせ

お名前 (姓 Must
Must
メールアドレス Must
お問い合わせ
「第一印象」の作り方 へメッセージをFacebookに投稿してください。
Copyright (c) 2012-2017 伊藤内定ゼミ All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック