伊藤内定ゼミ
1096_伊藤伸一トップ

自己PRの書き方

 

面接において確認したいことは3つあります。

確認の順番は・・・

①「情熱」を確認し、

②「相性」が確認終わると

③「能力」の確認になります。

 

「情熱」とは、

「なぜその仕事をやりたいのか?」

「志」の確認です。

これが無ければ、多くの壁を乗り越えて

成果を出すことはできません。

志望動機の作り方

 

「相性」とは、

同じ「志」を持つ同志であるか?

情熱と重なりますが、同じ「志」を持っていれば

相性よく仕事を進めることができます。

相性 

「能力」とは

・あなたを採用しなければいけない理由

・あなたを採用するメリット

内定

 

「警察官として活躍する能力を持っている」

とアピールするのが自己PRです。

採用担当者は、応募者の回答をほとんど信用していません。

なぜなら・・・・

スライド2

 

アメリカの100万人進学適性検査の結果です。

 

①あなたのリーダーシップは平均以上ありますか?の質問に

 70%の人が「はい」と答えています。

 平均以上ないですか?・・・という質問に

 2%の人しか「そうだ」としか答えていません。

 

 本来だったら

 平均以上→50%

 平均以下→50%のはずですね。

 

②「社交性は平均以下ですか?」の質問に対し

 平均以下と答えた人は一人もいなく

 「社交性レベルは上位1%に入りますか?」の質問に

 上位1%に入る・・・と答えた人は25%いました。

 

 つまり・・・応募者の言っていることは・・・・

 信用できない・・ということですね。

 

 

それでは、この「強み」という「能力」があるのかどうか?

どこから見極めるのか??

 

エピソードから確認します。

 

 

  お問い合わせ

お名前 (姓 Must
Must
メールアドレス Must
お問い合わせ
自己PRの書き方 へメッセージをFacebookに投稿してください。
Copyright (c) 2012-2017 伊藤内定ゼミ All Rights Reserved.
Powered by リザーブストック